ナイナイがコンビで身につけるロレックス・エクスプローラーⅠ

ROLEX EXPLORER I

芸人さんも一度名の売れ始めれば其処は人の子、 ステータスを求めて高級腕時計に食指を動かされるのも珍しくないのはかたむき通信にも ケンドーコバヤシケンコバ さんなどを引き合いに記事をものしました。〔K1〕 此の記事では銀座の高級時計専門店 アワーグラス銀座(THE HOUR GLASS) を紹介しましたが銀座には外にも芸人さん御用達の高級時計店 銀座エバンス(EVANCE) が名の通っているようです。

此の銀座エバンスに高級腕時計を求めたのは かたむき通信に扱ったのは虚構新聞に翻弄された不名誉な記事 〔K2〕 でしたが、テレビに絶対的な人気を誇るお笑いコンビ ナインティナインナイナイ を組む 岡村隆史 さんと 矢部浩之 さんでした。 彼等が主演するフジテレビの人気長寿お笑い番組 めちゃ×2イケてるッ! でコンビ結成20周年を記念して企画された2011年2月26日放送分の めちゃめちゃイケてるッ!ナイナイ20周年感謝祭20のやりたいこと でコンビがお互いに同店で腕時計を送り合う顛末を紹介したのでした。

20周年に掛けて20のやりたいことを次々と番組内で消化していくナイナイが 其の7では100万円以上もの大金の賭けられた勝負に負けて不貞腐れる岡村さんが 設定の病院のベッドの上で矢部さんに強引にお強請りして出掛けたのが件のエバンス銀座店だったのです。 やりたいこと其の8はエバンス銀座店の2階に小躍りしながら登場した岡村さんが 矢部さんに高級腕時計を記念に買って貰う事、 プレゼントを買ってほしい! でした。 不承不承階段を後から続く矢部さんの口から漏れた言葉は エバンスってマジですやん… 、高級腕時計に嵌り詳しくもあって正直偽らざる気持ちでした。

高級感溢れる店内を見回す岡村さんはしかしお目当てのメーカー、 其れもモデル迄特定されているようでした。 其の口から ローレックスって書いてあるわぁ、 ローレックスって時計の王様でしょぅ シンプルなんがええなぁ… と零れた視線の先に在ったモデルを店員さんが薦め、 そして岡村さんがやっぱり、と肯んじ、遠くを見ながら呟いたのが ロレックスROLEX) 社の エクスプローラー(EXPLORER)Ⅰ だったのです。

実は此のモデル、矢部さんも愛用するモデルで、 岡村さん、時計に興味はないと言いながら、 相方の嗜好に興味津々ではあったようです。 門外漢が一端の評価をするのに適当な シンプルだけどやっぱりいいよねぇ 、などとのたまひながら試しに腕に嵌めて見た其の値段を見れば ちょうど490,000円のプライスタグが いいなぁ 、と一頻りの岡村さんに良かったらもう一本お薦めのモデルがと店員さんが取り出だしたのが 其の1個前のモデルにてヴィンテージの範疇に入る其れには 矢部さんが、あー、と思い当たる節の其れこそ ロレックス・エクスプローラーⅠ(生産終了モデル) でした。

此のモデルについて詳しく情報を提供してくれているのが奇しくもエバンスのホームページの記事〔※1〕 です。 其の内容は EXPLORER 、即ち探検と命名された其の名に恥じないものでした。 過酷な自然に立ち向かうための探険家の腕時計であったのです。 以下に其の概要を引用しましょう。

 当時イギリスのエベレスト登山隊のスポンサーをしていたロレックスは1953年に世界初のエベレスト登頂用の装備品として時計を提供。ジョン・ハント卿を隊長とするイギリスの登山隊に同行したニュージーランドの探検家エドムンド・ヒラリー卿とチベット人テンジン・ノルゲイが、史上初めて世界最高峰のエベレスト、標高8848mに到達しました。同年、その歴史的な偉業をたたえて公式に発表したのが探検家用プロフェッショナル・ウォッチ「エクスプローラー」です。
 実際にエベレスト初登頂時にロレックスを着用していたのか、どちらが先に頂上に立ったのかは現在でも謎のままですが、その後エベレスト登頂成功のエピソードを巧みに組み合わせた広告でエクスプローラーの名は世界に知れ渡ります。
 1953年にオリジナルモデルが発表されて以来、エクスプローラー=探検家の意の如く、ロレックスの目指す堅牢性、そしてカレンダーまでも排除することで生み出される抜群の視認性を特徴としたモデルです。 日本においても当時から人気のスポーツモデルでしたが、1990代後半には市場在庫がなくなるほど人気となりプレミア価格で取引されるほどでした。

矢部さんの保有するのは現モデルですが、 岡村さんに薦められたのは前モデル、 其の継承点及び違いをエバンスのホームページに追えば以下となるようです。

  • 相違点:ケース径が前代の36㎜から39mmへと3mmのサイズアップ
  • 継承点:12の記されないアラビア・インデックス意匠の文字盤
  • 継承点:メルセデスハンド意匠の短針
  • 継承点:ステンレスのみ素材バリエーション
  • 継承点:黒色のみ文字盤色バリエーション
  • 相違点:ブレスレットの大幅な改良
    • 堅牢なソリッドメタルによる立体的なバックル
    • ブレスレットの長さを5mm延長可能として実用的なイージーリンク機能
  • 相違点:先代のCal.3130からCal.3132(基本ムーブメントCal.3135から日付表示を取り除いた)新型ムーブメントへの変更
    • ヒゲゼンマイの素材にロレックスが独自開発した耐磁性、耐衝撃性、向上させる新素材 パラクロム を採用
    • 新耐震装置 パラフレックス・ショックアブソーバー の採用

それを見た岡村さん、 何かちゃう! と思わず発した言葉に文字盤が若干違うと店員さんが指摘した事項もエバンス・ホームページには 高級感と視認性を両立させるべく黒色の文字盤にロジウム仕上げの金色に輝くインデックスが挙げられ、 また夜光塗料にマリンモデルなどとは其の目的を違えて薄い発光ながらも 持続時間が11時間を誇る旨、記されており、 其処に見るからに異なる雰囲気が醸し出されていた訳で、 あ、ホンマや、文字盤が違うだけでなんか全然… と納得すれば、傍らの矢部さんが強い口調で呟きました、 値段もちゃうネン!

ROLEX WATCHES PICS SHOW

薦める店員さんが聞かれて答えた値段は一端は矢部さんを絶句させたプレミアム価格のついた158万円! 左腕に装着した岡村さんは そらどっちか言えばなぁ 、と既にご満悦のご様子で件のローレックスを矯めつ眇めつ、 其の類の時計は2本目3本目の時計で 時計をもっと勉強してからの時計やと思うで 、と初心者には勿体無いと矢部さんが必死に説得しようとも応ずる気配も無く もぅ絶対これがええゎぁ と莞爾たり これしかいやゃゎぁ との我が儘に些かコンビで揉め始めるも頓着無く遂には 1つください と買ってしまいました。 7番目の勝負で手にした現金で支払う矢部さんの放った捨て台詞こそ 電池買いに来たんちゃうで! と、斯くしてやりたいこと8/20は目出度く終了、 コンビで仲良く新旧世代の ロレックス・エクスプローラーⅠ を腕に嵌めることと相成ったのでした。

…と思ったら此処で終わらないのが人気番組たる所以、 再びエバンスの2階へ到る階段を小躍りに駆け上がるのは今度は矢部さん、 お返しとばかりに岡村さんにお強請りすれば 20周年にやりたいこと其の9 プレゼントを買ってほしい!(矢部も) の開始です。

岡村さんよりは格段に詳しい筈の矢部さんは併し目をつけたのはやっぱりロレックス、 既にロレックスを何本も持っていると言うのですからよっぽどのロレックスファンに違いありません。 そんな矢部さんが実は予てより狙っていたのが サブマリーナ デイト(グリーンモデル) です。

此れに不満そうなのは岡村さん、 緑っておかしなぃ? と主張すれば店員さんが答えるには緑はロレックスのコーポレートカラーであるとの旨に退き下がらざるを得ません。 此のモデルにはベゼルも文字盤も緑のものとベゼルが緑で文字盤が黒のものがあり、 そのお値段は前者がは769,000円、後者が63万円となっており、 どうやら矢部さんは前者の緑の色濃いモデルにご執心です。

矢部さんに触発されはしたものの元々は腕時計に余り興味の無い岡村さん、 もう持ってるのとほとんど変わらへんゃんけ… 、と不満たらたら辺りを見回せば見つけたのは630円の時計を拭くためのセーム革、此のお店で最安値の商品です。 これを3枚買って矢部さんに渡す岡村さん、しめて1,890円也の値段に あかんあかん、割りに合わん と懸命に抵抗を試みれば立派にオチがついてようで、 更には次に岡村さんが見付けて薦めたのが BOOK OF ROLEX なる豪華本は2,980円也、 本見て又選んだらえぇねん 、と笑いを重ねるも、既にセーム革でオチていて安心するめちゃイケのスタッフが驚いたのは 岡村さん本当に矢部さんに其の場でサブマリーナ・デイトを買って上げる様子で、 ぃゃぃゃ聞かへんから、動かへんから、しゃぁない と、20周年、幾星霜と積み重ねたコンビ愛を見せたのでした。

今回の設定の病室に戻ったお二人のプレゼントされたサブマリーナを腕に嵌めて喜ぶ矢部さんと 769,000円の領収書を手に なんで4つも時計いんの!? と呆れ顔にスタッフや視聴者に問い掛ける岡村さん、 色違いのロレックスなんて…ユニクロのシャツやったらわかんでぇ 、とご尤も、最後に岡村さん 何でオレ、このスペシャルで180万も使わなあかんねん? 、ご尤も。

追記 (2013年8月7日)
ナイナイが身に付けるROLEX腕時計の人気振りを示す セントジョイナス(SANTO JOANNES)ブランドに関する内容を含む記事 ミヨタCal.8215〜シチズン機械式ムーブメントの伝統を守り続ける を配信しました。

追記 (2015年2月25日)

本記事を投稿したのは主人公のお一方の矢部さんがTBSテレビの元アナウンサー 青木裕子 さんとご入籍〔※2〕 されてより数箇月後のことでした。 一年後には待望の第一子も誕生〔※3〕 し益々仲睦まじく矢部さんは親馬鹿振りを発揮されてもいるようです。 さてそんな矢部さんの腕に巻かれる時計に2014年の夏頃に変化が有りました。 其れも本記事で紹介したロレックス愛好家の矢部さんにも関わらず其のブランドは近年有名人の間に好評、浸透の著しい ウブロHUBLOT〔K3〕 へと変わっていたのです。 手元を見る限りでは定番シリーズの一つ HUBLOT ビッグバン エボリューション 301.SM.1770.RX であるようで目敏い腕時計愛好家の間には此の変化の囁かれる処となっていました。 そんな折矢部さんがリーダー格を務めるため必然的にプライベートの暴かれ易い本記事冒頭にも紹介のテレビ番組 めちゃ×2イケてるッ! の2015年2月22日の放送分でお金持ち談義も一頻り 標的になった己の的を逸らそうとした加藤さんがむんずと矢部さんの腕を掴み天高く掲げた其の腕に燦然と輝いていたのが此のウブロでした。 非公開を懇願して岡村さんに値段を耳打ちするも即刻150万円と声高に公のものとされてしまった其のウブロは 奥さんからのプレゼントなのだと話す矢部さんでした。 常時身に着けられる腕時計は目に付きやすいですから芸能人の方の其の変化は分かり易く どうやらウブロ代表の JEAN-CLAUDE BIVERジャン・クロード・ビバー) 氏〔K4〕 の目論見は日本のセレブリティの間にも着々と実を結びつつあるのが伺え ロレックスも従来の位置を維持するのにうかうかと過ごしてはいられないようです。

使用写真
  1. ROLEX EXPLORER I( photo credit: ColdSleeper via Flickr cc
  2. ROLEX WATCHES PICS SHOW( photo credit: foeock via Flickr cc
かたむき通信参照記事(K)
  1. ケンコバさん憧れの宇部里香さんは銀座高級時計店アワーグラス店員さん~スイス時計界の重鎮達(2012年6月9日)
  2. 人気お笑いコンビナインティナインも騙された虚構新聞(2012年3月17日)
  3. 新興高級腕時計ブランドHUBLOT(ウブロ)~書評~成功者はなぜウブロの時計に惹かれるのか。(2013年1月3日)
  4. ウブロの腕時計の精度を影ながら支える静岡県の加工機械とビバー氏の為人(2013年7月20日)
参考URL(※)
  1. エバンスによるロレックス解説:エクスプローラーI(EVANCE ONLINE SHOP)
  2. ナイナイ矢部、元TBS青木裕子アナと結婚「全力で守っていきたい」(ORICON STYLE:2013年3月27日)
  3. やべっち第1子の名前は「稜」番組で公表(nikkansports.com:2014年3月20日)
スポンサー
スポンサー