ミヨタCal.8215〜シチズン機械式ムーブメントの伝統を守り続ける

外販の機械式ムーブメントのシチズン社の砦を30年間、 ミヨタの名の下に守り続け、今の最新式 キャリバー9015 に繋げたのが キャリバー8200番台 でした。〔K1〕 今猶此のムーブメントは多くの腕時計メーカーに採用され、 其の製造する腕時計の心臓部として稼動しているのです。

キャリバー8215 はグローバル仕様の外販ムーブメントとして扱われ日本のサイトには余り情報は見られず、 例えばWikipediaにしても2013年8月の時点では残念ながら日本版に項目は見られません。 処が英語版には確り該当項目〔※1〕 が用意されており簡潔ではありますが分かり易くまとまっているようです。 以下に大凡の訳を試みれば、 シチズンのグループ企業であるミヨタの8215は多くの腕時計メーカーに採用されるムーブメントであり、 ムーブメント調達メーカーとしてマニュファクチュールならぬ 腕時計メーカーの殆どに其の製造ムーブメントを提供し、 其の採用メーカーとしては Camel、Citizen、Dugena、Festina、Jacques Lemans、Invicta、Lip などが挙げられる、 ハック(秒針停止)機能は持たず21石を用いた左回転の片方向自動巻上式で 其の精度は日差-20秒から+40秒、パワーリザーブは40時間以上であり、 直径26mm、厚さ5.67mm、21,600(beat per hour)即ち凡そ6.5振動である、 とでもなるでしょうか。

更に詳しく仕様を知りたい向きにはミヨタに用意されるWeb頁〔※2〕 から、極専門化向け、若しくは相当のマニア向けとなるでしょう、該当PDF Caliber 8215〔※3〕 がダウンロード出来ます。 此処では現在のキャリバーが8,200番台のミヨタムーブメントの内にも 基本的仕様の揃ったムーブメントが以下の如く記されており確認が出来ます。

  • 8205
  • 8215
  • 821A

採用メーカーは上記Wikipediaに有る以外にもドイツは Geschichte(グラスヒュッテ)Hemess が自社サイトに8215ムーブメントを採用している旨綴られた頁〔※4〕 を用意されており、ドイツのドレスデンでミヨタ8215を採用した此のブランドを見つけ出したブログ記事〔※5〕 なども配信されていますし、 飛行船ファンは固より音楽ファンにも其の名の通るのが同じくドイツ POINTtec 社が1987年に設立したブランド Zeppelinツェッペリン)にも其の機械式ムーブメントとしての コストパフォーマンスの良さから好んで用いられているようで、 レトロ感溢れる其の意匠を身に纏った機械式自動巻きの腕時計を入手の際は ムーブメントを確かめてみるのも一興かも知れません。

Art is an Explosion. Taro Okamotos Young Clock Tower in Ginza Tokyo Japan

また本邦に於いてもミヨタの親会社たるシチズン社は勿論、 エスカム株式会社 の手掛ける セントジョイナスSANTO JOANNES) なるブランドにも用いられているようで、 実に国際的ムーブメントであることが窺われます。 因みにこのセントジョイナスについては此れを驚異的な物作りへのこだわりを見せる、と絶賛するサイト〔※6〕 にあしらわれる写真に見える緑色のベゼルはは何時か何処かで見た、そうロレックスの サブマリーナ デイト 、かたむき通信にも記事〔K2〕 にしたお笑いコンビ ナインティナインナイナイ の矢部さんに相方の岡村さんから贈られた愛器ではありませんか。 そして同記事中に矢部さんから岡村さんに贈られた此れもロレックス エクスプローラー(EXPLORER)Ⅰ とそっくりなセントジョイナスのモデルが紹介されるブログ記事があり〔※7〕 此処では上のサブマリーナから一歩踏み込んで 正しくキャリバー8215ムーブメント其の物が絶賛されています。 其のムーブメントはリーズナブル且つ高品質な機械式腕時計が供給され得る源とも 其の筋の練達者からも認められているとして良いでしょう。

更に其の活躍は地上のみならず、 香港に拠を置くダイバーズウォッチブランド ARMIDA WATCHESアルミーダ) やドイツの Aeromatic1912 から提供されるダイバーズウォッチブランド Tauchmeister などの心臓部にも採用され、其の高品質の保証を水中に迄齎しているのも特筆に価するでしょう。

設計当時よもやセイコー社を皮切りにしてシチズン社も自ら一役買ったクォーツショックを跨ぐ 30年にも渡る外販主要機械式ムーブメントの役割を担わされるとは思ってもみなかったでしょう、 一時社運に隆盛を極めしむるもクォーツムーブメントのコモディティ化に因って収益の悪化するのと 対照的に復興の著しい機械式ムーブメント分野を見ては再び立ち帰らざるを得えず、 しかしシチズン社の30年間の 空白ブランク をも繋いで見せると言う何者にも変え難い奇跡的役割を果たして見せたのでした。 更には今も猶、高い評価を以て世界の腕時計業界に広く受け入れられ 其の心臓部に採用されているのは稀有であり、また素晴らしいことに違いありません。

使用写真
  1. "Art is an Explosion". Taro Okamoto's Young Clock Tower in Ginza Tokyo Japan( photo credit: Arjan Richter via Flickr cc
かたむき通信参照記事(K)
  1. 30年の時を越えて蘇ったミヨタ・キャリバー9015ムーブメントと2010年問題(2013年3月18日)
  2. ナイナイがコンビで身につけるロレックス・エクスプローラーⅠ(2013年5月13日)
参考URL(※)
  1. Miyota 8215(Wikipedia, the free encyclopedia)
  2. DOWNLOAD -MIYOTA MOVEMENT-(シチズン腕時計)
  3. Caliber 8215 -MIYOTA MOVEMENT-(シチズン腕時計)
  4. Werk(Hemess Zeitmesstechnik Uhren aus Glashütte)
  5. 2011年9月、ドレスデン再訪で観た時計達~(Part2)~(『ちょい枯れオヤジ』の腕時計指南)
  6. セントジョイナスの細やかな作りとそのこだわり(ベゼル時計店)
  7. 腕時計・禁断の選択 妖怪マネマネ(Gontaのブログ)
スポンサー
スポンサー