スギちゃんはロレックス・コスモグラフ・デイトナ・レパードのワイルドなデザインがお好き

これってエバンスって言う(腕時計)メーカーですか? …此の発言者は ワイルドだろぉ~ で一躍人気者に伸し上がったお笑い芸人の スギちゃん ですが決してギャグじゃありません、大真面目な銀座の高級腕時計店 EVANCE での店頭での一声です。

何故腕時計のことを何も知らないスギちゃんが高級腕時計店々頭にいるのかと言えば此れ フジテレビの人気番組 とんねるずのみなさんのおかげでした の2013年5月2日放映分でのお話し、 当番組の人気コーナー 買うシリーズ のひとつ 時計買うシリーズ なのでした。 とんねるずのお二人に高級時計店に連行されたターゲットが 無理矢理高級腕時計を買わされる破目となり右往左往する、と言う構成でこれまでの犠牲者、 と言うべきでしょう、は以下の面々となっており、 今回其処にスギちゃんが名を連ねることと相成ったのでした。

  • おぎやはぎ・矢作さん(220万円)
  • バナナマン・日村さん(114万円)
  • ELT・いっくん(84万円)
  • 有吉弘行さん(80万円)

スギちゃんワイルドに買う~! と鳴り物入りで始まった番組内コーナーも当のスギちゃんが何も知らないで楽屋に居るのは 当コーナーのいつもの情景を買うシリーズナビゲーターのとんねるずとおぎやはぎが 不適な笑いを浮かべて近寄ります。 しかもスギちゃんは番組の企画を知らないばかりでなく 腕時計のことなども何も知らないのは冒頭に述べた通りで、 其の上、腕時計などは何だか締め付けられる感じが嫌で 殆んど腕に嵌めたりしたこともないんだとか。

ナビゲーターの面々が投入する情報ではド付きのケチだと言うスギちゃんは、 テレビで見ない日は無い程売れていると言うのに後輩芸人を連れてご飯を食べに行っても 一人2,000円づつ徴収するんだとか… ワイルドネタのお馴染みの気の抜けたコーラも実はケチで使い回しなんだとか… 此れだけ吝嗇家ならば腕時計店の陳列棚での拒否振りが想像されて ナビゲーターの連中の頬も思わず緩みます。

今回嘘企画 汗かきオン・ザ・ビーチ の収録だと聞かされスギちゃんは何やら先行きを思わせる不吉な番号、13号室なる楽屋入りしている処を、 いきなり買うシリーズナビゲーター達に襲撃されきょとんとするばかり、 普段は靴下を履いているぜぇとタカさんに弄られたりしながら、 現地でバレるから荷物全部持って来いぜぇ、とノリさんに促され、 未だ何が何だか分からないまま連れ出されたのでした。

番組的には此処で初めて正真正銘のタイトルバック スギちゃん、ワイルドに買う が映し出されて、面々はロケバスで連れ立って早速銀座へ向かう車中の道すがら スギちゃんの財布の検閲をしてみれば中味は5万円ジャスト 一人1万円ずつあげるぜぇ…嘘だぜぇ、とギャグも織り交ぜながら、 カードなんか使ってないぜぇ、とカミングアウトするのです。 そんな財布の中には1枚のキャッシュカードが見付けられれば、 おろさなきゃ駄目だぜぇ、そうしたら残高が分かるぜぇ、 とタカさんに言われて又戸惑い困惑するスギちゃんと盛り上がるナビゲーター達に、 愈々話しは核心へと近付きます。 一体此のロケバスは何処は向かっているのか尋ねるスギちゃんに 例のだぜぇ…と不適なナビゲーター達…何か思い当たるスギちゃん、 汗は汗でも冷や汗の方だぜぇ、と諭すようなナビゲーターの言いっ振りに スギちゃん厭な脂汗を流しながら項垂れ、 愈々感付き始めて、遂に降ろしてくれと懇願し始めます。

マジで止めて下さい!何か買わされるやつぅ!! じたばた藻掻き足掻き始めるスギちゃんに一同が大笑いし始めれば、 あの企画だけは止めて下さい! との哀願も虚しく連れて行かれたのが時計を買うシリーズではお馴染み、 冒頭の寸劇が演じられた銀座EVANCEであったのでした。 番組ではロレックスやフランク・ミューラー、パテック・フィリップなど 超高級時計を多数揃えた腕時計の名店、と紹介されましたが、 かたむき通信読者にはナイナイがコンビで ロレックスをプレゼントしあったお店としてもお馴染み〔K1〕 ですね。

さても早速入店するかと思いきや其の前にいきなり新コーナー 今日の残高 が開始、スギちゃんはクレジットカードを持っていないので 最寄のコンビニエンスストアでキャッシュカードで以て少しおろして 残高を確認しようと目論むナビゲーターの面々は、 序でにカレーパンとコーヒー牛乳のパシリもさせるのでしたが、 コンビニから戻ったスギちゃんのおろした20万円より一行が気にするのは残高の記された紙、 嫌がるのに見せろと強要されれば残高票を口に放り込んで食べようとしちゃうスギちゃんでした。 しかしそんな拒否も虚しく奪い取られたそれを見たタカさんが うぅわぁっ!すっげぇ! と驚きの声を上げたのはどうやら残高は相当ワイルドな金額だったようで、 流石に此の具体的金額はテレビでは公開されませんが、 たった1年で凄いことになっていたのがあからさまに窺え、 したりとナビゲーター連はスギちゃんを伴い入店するのでした。

エバンスに応対するのは銀座店店長さん、 スギちゃんの40歳の記念になるということで予算はピー,000万円で、 と何気なく相談を持ち掛けるタカさんに、勿論テレビではピーが入りましたが現場では露知らず、 いきなり貯金高を公開されて困惑の極みのスギちゃんです。

入店一番、タカさんの目に入り、其の視線を追ったスギちゃんに これヤバいでしょー! と叫ばしめたのが特別なショーケースに鎮座していた、其の腕時計こそ ロレックス・コスモグラフ・デイトナ・レパード でした。 此の運命的出会いからスギちゃん史上最高額購入迄の時間が番組テロップに表示されるのは9分前、 出会いから購入までに僅か10分も掛けない勘定です。

早速店長さんに依って其の左腕にデイトナ・レパードを嵌められるスギちゃん デザインが気に入らないぜぇ と嘯いたのは最早此の邂逅を自らの運命と察してのせめてもの抵抗か、 そうは言いつつも豹柄の此のワイルドなデザインは割りと袖無しGジャンに合って見えるのは、 恐らくはスーツ族などよりも遥かにスギちゃん向きなのでしょう。 此の事実なぞカジュアルな超高級時計を自らのコレクションに 加えようと企てる向きの参考になるかも知れません。

そしてまた時計音痴で飛び出した これ電池交換出来るんですか? なる天然ボケにタカさんが 自動巻きだぜぇ と応えれば 自動巻きぃ?誰が巻いてくれるんですか? と何処迄本気なのか、兎にも角にもパニくってもいるのが充分伝わります。 ノリさんが 小っちゃい人、入ってるぜぇ と突っ込めば そりゃ、高いぜぇ と何となく納得するスギちゃんなのでした。

因みに此のロレックス・コスモグラフ・デイトナ・レパードのエバンス価格は 今迄の時計買うシリーズ犠牲者の中でも破格の648万円也、 其の意匠は一風変わったもので色彩は黄金と赤若しくは橙の斑のミックスにて、 何処となく豹紋を想起させると同時にベルトは名前にも関される通りの豹柄であって、 ダイアルの中に又文字盤が3つ見えるのはクロノグラフの証し、 周囲のケース枠にはダイヤモンドだらけ、と言う見るからに派手々々しい一品となっています。 最近此の腕時計を商ったと言うブログ記事〔※1〕 では此れを愛用する有名人には 京本政樹さん、スティーブン・タイラーさんが居る、と記されるのも、 成る程さもありなん、と首肯せしめられるような気がします。

此処からは此のロレックス・コスモグラフ・デイトナ・レパードと 他の店内のナビゲーターお薦めの腕時計とのスギちゃんの品定めを 其の様子と共に以下にリストアップしましょう。

  • 全面ダイヤがあしらわれたロレックス・ディトナ(エバンス価格876万円也)
    デイトナ・レパードと合わせて両手に嵌めて〆て1,500万円となる此の状況にタカさんが、 買えるぜぇ、未だポー円余るぜぇ と突っ込めば 全額使わせる気ですか!?どういう放送にするつもりなんですか!? と悲痛な叫びのスギちゃんが、 少し落ち着いて述懐したのは 惹かれているのはこのアニマル柄 とデイトナ・レパードを選んで見せたのでした。
  • ジェイコブ・ファイブタイムゾーン(エバンス価格278万円也)
    まだまだ物色が続く一行が見つけたのが髑髏柄の此の腕時計なるも 安いねぇ ともう感覚が可笑しくなっています。 其れでも2択にすれば何故か高額のデイトナ・レパードを選んで見せたスギちゃんにノリさんは こっちが驚いているぜぇ と笑いを誘いました。
  • フランク・ミューラー・グランドコンプリケーション(エバンス価格1,380万円也)
    そして遂にノリさんが見つけた一本で こっちがワイルド と指し示したのが世界限定8本のフランク・ミューラーの逸品ですが、 スギちゃんが選ぶのはデイトナ・レパードで高価ならば良いと言うものでもないようです。
  • ウブロ・ビッグバン(エバンス価格428万円也)
    もう金銭感覚が麻痺している一行が 安いの見付けた として映し出された一本はかたむき通信には其のCEOの後会長を勤めるビバー氏〔K2・3〕 でお馴染みの振興高級腕時計メーカーであるウブロ〔K4・5〕 のビッグバンです。 此れを見たノリさんは 誰かこれの黒買わなかったっけ? と発言、此れの黒って…色違いで揃えるみたいに簡単に言うのも感覚が少し可笑しいかも。 何を隠そう此の黒を買ったのが今回のナビゲーターの一人おぎやはぎの矢作さん、 ウブロ・アエロバンオールブラックII (220万円也)なのでしたが、矢張りスギちゃん、 両手に嵌めての2択では再びデイトナ・レパードに軍配を上げたのでした。

最早一目惚れとも言える程の様相を呈すスギちゃんのお気に入りとなった ロレックス・コスモグラフ・デイトナ・レパード(Rolex Cosmograph Daytona Leopard) とはどんな腕時計なのか、手元の 10大時計ブランド全モデル原寸図鑑2007 を繰ってみましょう。 因みに此の冊子、タイトル通り原寸大の写真が粗全頁を埋め尽くし 綺羅星の如き高級ブランドが陳列ケースに整然と並ぶのを眺めるが如くあってなかなかの優れもののムックです。

10大ブランドには当然ながらROLEXの含まれ、中程88頁には確りと コスモグラフ・デイトナ も項目立てられ1頁割り当てられた其処には10モデルの煌びやかな写真が居並んでいます。 中にもレパードの商品種別識別番号を示す レファレンス・ナンバーReference NumberRef.116598SACO ですが、此処には其の物は見当たらないものの末尾の英字の異なる、 Ref.116598N(423万1,500円)、Ref.116598B(1,107万7,500円)、Ref.116598R(407万4,000円) が挙げられ、此のレファレンスナンバーを持つシリーズが皮ベルトで一風変わったダイアル意匠を持ち、 ベゼルにはふんだんに宝石があしらわれているのが分かります。

当該頁には題目として 最新技術を投入したスポーツモデルのフラッグシップ があり、其の説明としては、 アメリカの デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ に其の名を由来すると言われるデイトナは、1961年頃に誕生。 とあり、半世紀以上を閲するモデルであることが分かり、 レース計時用に正確さを求められる時計本来の機能を突き詰めたロレックスらしいモデルであることに 其のクロノグラフとしての外観が大きく肯んじられるものでしょう。 又続けて、 文字盤の反転色としたインダイアルや、タキメーターを刻んだベゼルが特徴的だった。 ともあります。 現行モデルは完全自社製クロノグラフ・ムーブ Cal.4130 を搭載し、パワーリザーブも過去最長の約72時間。 素材や文字盤カラーの豊富なバリエーションから、納得の一本を選びたい。 と〆られれば、成る程スギちゃんの選択法は極めて妥当だったのだと思えなくもありまえせん。

何で気に入ってるんだろう?やっぱりデザインですね と自らも首を傾げるスギちゃんですが、 若しかしたら何だか初めての出会いが強く影響している 刷り込み効果インプリンティング かも、と思わせられなくもないような気もしたりして来ますけれども…。

そして遂に 買います! と宣言したスギちゃんだったのです…が周りを取巻く空気が一変したのが感じられたのでした。 すっかり人気者となって一年、テレビの空気を読み取ることにも長け始めたスギちゃんは スタッフさんがこんな驚いているって事はいきすぎたのかな…? と気付けども時は既に遅し、回りの買うナビゲータの面々に ワイルドだぜぇ、やっぱり、ついていけないぜぇ と口々に言われてはもう後戻り出来ません、 とは言え、ベゼルに多くあしらわれたダイヤなどもいらないくらいデザインが気に入った、と至極ご満悦で ロレックス・コスモグラフ・デイトナ・レパード、エバンス価格648万円也の 購入を決定したワイルドなスギちゃんだったのでした。

転んでも唯では起きない、とばかりに此のお話しには後日談が盛り沢山で 取り上げている番組なども多くあるのはスギちゃんは大いに この巨額の投資をお笑いに活かしてもいるのでした。 其の意味ではどうやって減価償却するのだろうとは思いつつ 必要経費で腕時計代金が通りそうなくらい確り活用しています。

例えばスギちゃんワイルドに買うの放映と同月末に招かれた 海外ドラマDVD発売イベントでは此のレパードを以てして女性を口説き捲くっている、 として嘘を付いてばれたのが記事〔※2・3〕 にされたりもし、其のワイルドさがとんねるずのお二人に大いに受け、 同番組の準レギュラーの座も射止めたようで8月の今に至るも大いに番組を盛り上げ、 中にも2013年7月18日放映分の オールスター・モノマネだらけの水泳大会 なる企画に於いては其の一コーナー ものまね大相撲水場所 にてプール上で相撲を取って負けたものは所持品諸共水中落下の運命に、 スギちゃんの持ち物には勿論レパードが含まれています。

ものまね似てない対決と称される一番に此のレパードを水中の藻屑とさせるのにモチベーションの上がる 取り組み相手とレパードを背負って萎縮するスギちゃんでは勝負になりません、 哀れレパードは相手力士の手中に奪われ土俵の外へと放り投げられたのでした。 水が苦手と言うのに慌てて飛び込んでレパードを追うスギちゃん、 顔を水に浸けるのも侭ならず足でプールの底を探り探り、 何とか拾い上げて動作確認の後、 動いてるぅ~! と裏返った声で安堵の叫びを上げたものです。

更には此れも人気番組読売テレビ配信の ダウンタウンDX の2013年8月1日放映分では スターの幸せお買い物ランキング なる企画にて10位のローラさんから段々と近頃のお買い物した品を 其の様子や満足度と共に発表されて行けば、何とランキングの第1位はスギちゃんの買い物にて、 勿論其の品は 超ワイルド!ヒョウ柄のロレックス、648万円! と発表されたロレックス・コスモグラフ・デイトナ・レパードです。 さしもの人気者のスギちゃんも頃日街を歩けば 写真撮って欲しいと言うファンの申し出はスギちゃんではなくて 此の表柄腕時計の単体での話しだとぼやくのですから、 レパードがスギちゃんの人気者たるを延命してくれたと言えなくもありません。

実は未だに家賃4万2千円のアパートに暮らしているスギちゃんは 買うナビゲーターの齎した情報通りの吝嗇家なのですが、 さらば4畳半、ワイルド御殿に引越し計画中 と番組に紹介されたのも、流石に引っ越そうかと思案中のご様子で、 実は唯に此の部屋から引っ越せなかったのは此処に住んでのタイミングで ワイルドを以てブレークしたので、なかなか 験担ぎげんかつ もあって踏ん切りが付かなかったのですが、 結構な部屋の湿気で以て黴が生えている其のアパートにレパードを置いておいて トレードマークの豹柄のバンドに黴が生えないかが今一番怖くて不安で以て 愈々引越しの検討を始めたのだそうです。

今回の時計買うシリーズの数々の犠牲者が叩き出した金額の中にも遂に史上最高額を叩き出し、 周囲のスタッフも引いてしまう程の破格の高額さに買わせた張本人の一人のタカさんに 時計シリーズは終了だぜぇ、スギちゃんが締めちゃったぜぇ と言わしめてスギちゃんは 締めてやったぜぇ! と左腕のレパードも誇らしげに吼えたのでした。 こうしてエバンス店員さんを含め大いに周囲の笑いを取ったスギちゃんでしたがノリさんに このあとスーツいくぜぇ と言われて やめましょうよ と素に戻ったトーンで言ったのでしたとさ。

さてそんなスギちゃんは実はロレックスとは因縁の有って 此れ又テレビ番組で其の時は景品としてロレックスを手に入れて、 其のロレックスをどうするのかと明石家さんまさんに問われてワイルドに 叩き割ってやりますよ と発言してしまったのでしたが、此れを聞いたロレックス社が断固抗議、と言うものでした。 お昼の情報番組ワイド!スクランブル内の 夕刊ブラッシュアップのコーナーで紹介された記事でのロレックス社の言い分は 番組が支払いを済ませたお客様とは言え叩き割るとはロレックス社製品への侮辱に他ならず 其の如き扱いを受けるために作った商品ではないのであって、 若し叩き割られたロレックスがネタとしてテレビ画面やブログ記事に映ずれば断固抗議する、 と結構な勢いであったのでした。 処がスギちゃんの正に其のロレックスの届いた日のブログ記事〔※4〕 を見ればロレックス社への充分な敬意が払われており、 若しかしたら因縁処か此の時のロレックスへの親近感が エバンス店頭で少しく働いたようにも思えます。

使用写真
  1. Rolex Daytona Cosmograph - 18k yellow gold( photo credit: Charlie J via Flickr cc
  2. Rolex 24 Hour race( photo credit: Richard Abrahamson via Flickr cc
かたむき通信参照記事(K)
  1. ナイナイがコンビで身につけるロレックス・エクスプローラーⅠ
  2. ケンコバさん憧れの宇部里香さんは銀座高級時計店アワーグラス店員さん~スイス時計界の重鎮達(2012年6月9日)
  3. ウブロの腕時計の精度を影ながら支える静岡県の加工機械とビバー氏の為人(2013年7月20日)
  4. 新興高級腕時計ブランドHUBLOT(ウブロ)~書評~成功者はなぜウブロの時計に惹かれるのか。(2013年1月3日)
  5. HUBLOT MP-04アンティキティラ~現代に蘇るアンティキティラ島の機械(2013年1月13日)
参考URL(※)
  1. ロレックス デイトナレパード買取 スギちゃん購入品!!(ブランドファン:2013年5月8日)
  2. スギちゃん&森下悠里が嘘発見器で疑惑を検証!『HOMELAND』発売イベント(海外ドラマNAVI:2013年5月31日)
  3. スギちゃん「ロレックスをエサに女性を口説きまくるぜぇ」(TV LIFE:2013年6月1日)
  4. ロレックス(スギちゃんのワイルド日記:2013年1月12日)
スポンサー
スポンサー