腕時計メーカーでもあるシェーバーのブラウンの意欲作セラミック製BN0171とディーター・ラムス氏

通勤時にごった返す駅前に朝剃って来た旨告げるサラリーマン氏に再度の髭剃りを促すCMでお馴染みとなれば 日本に於いては髭剃りのメーカーとして定着している ブラウン(BRAUN) 社は世界的に見ればドイツに本拠を置く総合電機メーカーであるのは、 創業者の マックス・ブラウンMax Braun) 氏が電気技術者でありフランクフルトに1921年に立ち上げたのがラジオ部品の製造会社であったのを知れば得心が行くでしょう。 髭剃りと言えばブラウンと想起するブランディング的に巧い状況の出来は若しかしたら当時の親会社である ジレット(Gillette) 社の策が功を奏したのかも知れませんが、 2005年より現在はブラウン社は P&G 社傘下にあります。

ブラウン社はラジオ部品製造にて創業しドイツを代表するラジオ製造会社へと成長を遂げ またオーディオ製品をも世に提供する様になった後、1950年代に始めて髭剃りの開発を始めましたから 日本での印象とは先ず先ず隔たりがあるかに思えます。 其の50年代中盤にブラウン社はデザイン的に大きな一歩を踏み出しました。 バウハウスBauhaus) の流れを汲むデザインチームを1954年に創設し其の翌年の当時弱冠23歳の ディーター・ラムスDieter Rams) 氏の登用がエポックメーキングとなったのでした。

ラムス氏はブラウン社インハウスデザインチームの中心となって同社家電の多くのデザインを手掛けました。 多くの家電が唯に世に消費される中にしかしラムス氏デザインの家電はニューヨーク近代美術館など世界中の美術館、博物館に所蔵され、 何時しか伝説的デザイナーと世から称される迄になりました。 ラムス氏は今や世界のトップデザイナーと目されるアップル社のデザイナー ジョナサン・アイブJonathan Ive) 氏[※1] にも多大な影響を与えたとも言われています。 ラムス氏は1988年にブラウン社を退く迄の30年以上に渡りデザインチームのトップとして活躍、 同社デザインに計り知れない恩恵を齎しました。

Braun

ブラウン社が電気製品として新分野である時計に踏み込んだのは1980年代でした。 壁掛け時計 ABW30[※2] を1982年に発売した後、1989年には遂に腕時計分野に進出、 ラムス氏デザインの腕時計 AW10 発売が発売されるに到ります。 ダイヤルインデックスは読み取り易く腕時計として最も基本的な三針機構に於いては秒針のみ黄色く染め抜かれた バウハウスの系統を引くミニマルで機能的なデザインは大いに評判を取り、 数十年もの間変わらぬ同社腕時計デザインの規範となりました。

そして今年2014年のバーゼルワールド[K1] に同社中心として紹介されたのがディーター・ラムス・デザインの系譜を引く BN0171 です。 ラムス氏のデザイン哲学に沿ったミニマル・デザインは伝統的な黄色い秒針を持つ三針仕様のまま 余計な装飾を配したダイヤルインデックス、ケース、リューズ、ベルトは其の簡素さに於いて返って どんなシチュエーションにも応えてみせながらも機能的で腕時計本来の時刻の読み取り易さはスポイルされていません。 此れ以上にシンプルでクリアーな腕時計を見付けるのはなかなかに難事であるに違いありません。

デザイン的にシンプルであるのはカラーバリエーションにも徹底しており、 グレー(BN0171GYGYG) と 黒(BN0171BKBKG) の其々が単色で纏われる2色展開となっています。 そして特筆すべきはケースもブレスレットもセラミック製であると言うことでしょう。 BN0171はセラミックの鎧を纏って軽く変色、退色のない半永久的な美しさを手に入れたとも言えます。

BN0171は既に発売されており、 価格はグレー、黒共に440米ドル、日本では税抜きで49,000円とされています。 3気圧防水で日本製のクォーツムーブメントが採用されています。

セラミックやシリコンを素材に用いるのは耐磁性[K2] を考えれば現代機械式腕時計の潮流と言えますが BN0171に於いてはクォーツムーブメントですので恩恵は薄いと言えます。 ラムス氏デザインの当時よりブラウン社腕時計のムーブメントにはクォーツが採用され当初はスイス Rondaロンダ) 製であったようですが、現在では日本製が主に搭載され、本邦 ミヨタ (シチズンファインテックミヨタ株式会社)製がコストパフォーマンスの良好さから採用されているともする情報も有るようです。

ブラウン社としては偉大なデザイナーを擁した見返りに些か其の腕時計はデザイン主体に偏り ムーブメントは外部から調達するに留まる等、腕時計ファンから見れば物足りなさも感じられるのは禁じ得ないでしょう。 望み得るならばブラウン社には他社製ムーブメントばかりでなく 此のセラミック加工技術を以て機械式腕時計にも野心を燃やして欲しいものです。

追記 (2015年3月7日)
本記事に記した通りディーター・ラムス氏がジョナサン・アイブ氏に強い影響を与えているのが頃日発売された書籍 『ジョナサン・アイブ』にもはっきりと書かれていました。 当該部分は 第3章ロンドンでの生活「ジョニーらしさ」の芽生え の項、76頁にジョナサン・アイブ氏が未だアップル社に勤める以前ロンドンで所属していた タンジェリン・デザイン時代の同僚 クライブ・グリナー 氏の言として収められています。 曰く、 ジョナサン・アイブ氏を含むタンジェリンのメンバーは皆学校でディーター・ラムスのデザイン哲学を叩き込まれ 其の影響下にあった、とされているのです。 但し惹かれていたと雖もジョナサン・アイブ氏は唯にブラウン製品に似たデザインをしていた訳ではなく その潔さが好きだった、ともされています。

使用写真
  1. Braun( photo credit: Juan Lupión via Flickr cc
かたむき通信参照記事(K)
  1. オメガ・スピードマスター・プロフェッショナル・アポロ11号45周年限定モデルとバーゼルワールド2014に見られた腕時計界の傾向(2014年7月30日)
  2. オメガ・コーアクシャル・キャリバー8508発表~抜きん出た超高耐磁ムーブメント(2013年1月21日)
参考URL(※)
  1. ジョナサン・アイブ氏インタビュー~カーサブルータス’12年3月号(はなまるチェック!:2012年2月13日)
  2. BNC006(BRAUN)
  3. BN0171(BRAUN)
スポンサー
スポンサー