オルフェーブル世界一へ好調な滑り出し~凱旋門前哨戦フォワ賞勝利

勝っても 〔K1〕 負けても 〔K2〕 更には同じ血統の馬が勝った時さえ 〔K3〕 かたむき通信に取り上げたのはそれが日本の最強馬 オルフェーブル であればこそでした。

今回の勝利はまた一味異なると言うのも それが海外、フランス国での勝利であり、 競走馬世界一を決めるレース、 凱旋門賞 の前哨戦であるからです。 2012年第58回 フォア賞Prix Foy) にオルフェーブルが勝利したのです。

GIIレースのフォア賞が凱旋門賞の前哨戦と目されるのは 凱旋門賞が開催されるロンシャン競馬場の芝2,400mと正しく同条件で開催されるレースだからです。 日本馬が同レースに勝利したのは以前に1度、 実に前世紀1999年のエルコンドルパサー以来ですから13年振りとなりました。 此の年10月3日、エルコンドルパサーは第78回の凱旋門賞で蛯名正義騎手騎乗で 見事2着に食い込んで見せましたからこの前哨戦の重要さも分かろうと言うものです。 従って日本で史上7頭目のクラシック三冠馬であることも併せ オルフェーブルへの地元での期待も高まっているとされます。

強敵はかたむき通信にも伝えた 〔K4〕 ようにワールドサラブレッドランキングの首位を圧倒的差を以て独走し続ける フランケルFrankel) に違いないでしょう。 IFHA(国際競馬統括機関連盟)の同ランキングではJRAに最新として配布される中に 2011年7月31日から8回に及ぶランキングデータが含まれているのですが、 その総てにフランケルは首位を保ち続けており、 当然ながら最新の2012年8月5日付けランキングも 圧倒的なレーティング数値140を示しトップに君臨しています。 因みに同ランキングではオルフェーブルは同率6位のレーティング125として位置付けられます。

フランケルは2008年2月8日産まれの英国馬、 オルフェーブルは2008年5月14日産まれで共に4歳馬、 凱旋門賞は同歳の日英最強馬の決戦の場ともなるのでした。

オルフェーブルの騎乗は2003年のダラカニ(Dalakhani)、 2008年のザルカヴァ(Zarkava)の両度に渡り凱旋門賞に勝利している クリストフ・スミヨンChristophe Soumillon) 騎手です。 否が応にも期待に胸が高鳴ります。 3週間後、2012年10月7日の凱旋門賞を楽しみに待とうではありませんか。

かたむき通信参照記事(K)
  1. 第53回宝塚記念オルフェーブル制し5冠、世界を視野に~ネコパンチ穴ならず(2012年6月25日)
  2. 2012春第145回天皇賞ジンクス通りオルフェーヴル破れビートブラックが重賞初制覇(2012年4月29日)
  3. ゴールドシップ2012第72回皐月賞を制す、血統はオルフェーヴルと同じ黄金配合(2012年4月15日)
  4. ワールドサラブレッドランキング首位のフランケルが無傷の13連勝(2012年8月23日)

追記 (2012年10月8日)
凱旋門賞の結果を受け オルフェーブル日本勢の悲願ならず凱旋門賞2着~ゴール直前にソレミアにかわされる を配信しました。

スポンサー
スポンサー