オルフェーブル日本勢の悲願ならず凱旋門賞2着~ゴール直前にソレミアにかわされる

あと僅かでした。 フランス凱旋門賞に日本の期待を一身に背負ったクラシック三冠馬 オルフェーヴル はゴール前でフランスの4歳牝馬ソレミアにかわされてしまいました。 それでも過去12頭が挑戦した凱旋門賞に 1999年のエルコンドルパサー及び2010年のナカヤマフェスタに並び 日本馬タイ記録の2着を獲得して見せました。

2012年第91回凱旋門賞は10月7日ロンシャン競馬場の芝2,400mで施行、 現地時間16時25分、日本時間では23時25分、18頭立てにて発走しました。 そして勝利したのはフランス地元の有利を生かした ソレミアSOLEMIA) でした。 賞金総額は400万ユーロ、本日2012年10月8日相場で日本円に換算して約4億1千万円、 1着賞金の228万560ユーロ、日本円で約2億3千4百万円がソレミアに与えられます。

ブローニュの深い森でさえ吸い込みきれない大歓声の中ゲートが開き、 序盤緩やかな坂を登る中、オルフェーヴルを駆る赤い帽子のスミヨン騎手は後ろから2番手を選択しました。 先頭はマスターストロークが先行しています。 坂の頂上から下りに入るもオルフェーブルは後ろから2、3番手を維持します。 偽りの直線、ホルスストレートに入りオルフェーブルはジワジワ番手を上げ、 コーナーを抜けて最後のストレートに入りました。 前半抑えたオルフェーヴルは残り300mで満を持して先頭に踊り出ました。 残り50mにオルフェーブルは見る者に勝利を確信させました。 そしてこのまま首位でゴールを駆け抜けるかと思われたゴール直前、 外から追い上げたソレミアの末脚にホンの僅かハナ差でかわされてしまったのでした。 遂に悲願の達成は今回もならなかったのです。 ゴール直前での逆転は実に残念でしたが、これも勝負です、致し方のない処でしょう。 オルフェーヴルの遠い異国の馴れぬ環境の中での健闘を讃えたいと思います。

これが世界でしょう。 これが凱旋門賞でしょう。 然るに依って挑戦する価値があるのです。

無傷の13連勝を続け、ワールドサラブレッドランキングにも 抜けんでたレーティングを誇る強敵 フランケルFrankel〔K1〕 は今年2012年10月20日の英チャンピオンステークスを引退戦として重視のため、 今回の凱旋門賞出馬は直前に見送られました。

また強敵の一頭と目された5歳牝馬の スノーフェアリーSnow Fairy) は前脚に熱を持ち、脚部不安として今期休養を宣言したため 凱旋門賞への出馬はなくなったのが9月29日に伝えられました。

更には史上6頭目の凱旋門賞連覇の掛かった昨年の優勝馬、ドイツの4歳牝馬 デインドリームDanedream) が不運にもドイツのケルン競馬場に伝貧感染馬が見付かった余波で3ヶ月間移動を禁止され、 凱旋門賞に欠場が決まったのは今月に入った10月2日のことでした。 厩舎も離れたデインドリーム自体は健康そのものであるとのことですから 関係者も悔やまれるものであったでしょう。

其の状況下に粛々と準備を重ねるオルフェーヴルの人気は上昇、 最終的には大外18番が災いして枠順の良いイギリスの キャメロットCAMELOT) に1番人気は譲ったものの2番人気となっていました。 前哨戦のG2レース フォワ賞 にも勝利し、万全の状態で凱旋門賞を迎えました。 〔K2〕 しかしブローニュの深い森には底知れぬ魔物が住んでいるようです。 見る者誰にも勝利を確信させる程、本当にあと少しの処でした。

遂に今回も悲願の達成はなりませんでしたが、 オルフェーブルはゴール直前まで夢を見させてくれ、次へ繋がる健闘をも見せてくれました。 勝利を持ち越した日本勢にはまた研鑽の余地が残されたと思い、奮起が期待されれば、 いつの日か凱旋門に凱歌を奏してくれることでしょう。 楽しみはまた少し先延べとされました。

かたむき通信参照記事(K)
  1. ワールドサラブレッドランキング首位のフランケルが無傷の13連勝(2012年8月23日)
  2. オルフェーブル世界一へ好調な滑り出し~凱旋門前哨戦フォワ賞勝利(2012年9月17日)
スポンサー
スポンサー