歴史有る独国ニュルブルクリンクサーキットの破産を受け支援活動活発化

ドイツの森に20km以上と言う長大なコースレイアウトを有する ニュルブルクリンクNürburgring) サーキットが破産しました。 AUTOCAR Japanの2012年7月21日の記事 ニュルブルクリンク、破産 などに伝えられる処です。

内燃機関を有する自動車はドイツに最初に実用化されると共に 人々はその自動車の速さを競い合いました。 モータスポーツの始まりです。 無鉄砲な男達がスピードを争うのに辺り構わないのは余りにも危険だったでしょう、 現在でもマン島やモナコでは公道を閉鎖してレースが催されますが、 その危険性は度々俎上に上る処でもあります。 こうして完全な閉じた競争空間、レース専用のクローズドサーキットとして誕生したのが ニュルブルクリンクであり、1927年のことでした。

Nürburgring, Germany 1960

それでも公道レースとクローズドサーキットの端境期に産まれただけあってか 直ぐにも有料道路として一般にも開放されたようです。 その伝統は今に至るも生きており、 世界中のあらゆるメーカーはニュルブルクリンクで新型車のテストを行いますし 今も一般に開放されています。

一般にも開放されるコースであり更にはその長大さから なかなか全てに手入れが行き届かないとなればサーキットとしては厳しい条件のものになりますが、 今以てニュルブルクリンク24時間レースと言う 世界の自動車メーカーが競う最高の場としても機能しています。 その安全面から近年ではコースの一部のみを用いる世界最速を競うF1レースも 以前は長大な全コースを使って争われていました。

破産の要因には複合観光施設として運営しようと言う経営方針や 支援期間との調整の難航なども伝えられますが、 矢張りそのコースの長大さも一つ問題となっているようです。 なんとなればその全面改修には凡そとんでもない金額が必要とされます。 これが多額の借入れを発生させる引き金の一つともなってしまったようです。

この歴史の生き証人とも言えるサーキットが今回破産の憂き目にあってしまったのは 返す返すも残念で、そう思う人々は多いのでしょう、 オートスポーツWebの2012年7月21日の記事 「ニュルブルクリンクを救おう」署名活動展開中 には何とか救いの手を差し伸べようとの呼び掛けがされているのを見て取れます。

その維持は困難を伴うとは言え純粋なクローズドサーキットとして設計されたコースが 大変な距離を有するのは実に魅力有る事象でしょう。 出来得ればそのサーキット然とした姿を長く留めて欲しいように思います。

F1 2011 & DiRT 3 on 160-inch curved rear screen with Thrustmaster T 500 RS racing wheel

因みに余談ですが上の動画に映されているこれ、 最新式のゲームマシン…と言うには高価なのでシミュレーターと呼んだ方が良いのでしょうが、 後半では森の中のドライブシーンが演出されていますね。 ニュルブルクリンクが意識されているような気もしました。

追記 (2015年3月21日)
本日 ホッケンハイムHockenheimring) サーキットとの交渉が不調に終わり、今季F1ドイツGPの中止が正式に決定された旨、発表されました。[※1・2] ドイツGPは2007年からは此のホッケンハイムと本記事の主役 ニュルブルクリンクとの隔年開催となっており、今年2015年はニュルブルクリンク開催年に当たりましたが 本記事に取り上げた財政難は未だ解決されずサーキットオーナーも変じては F1の実質的な興行主たる バーニー・エクレストンBernie Ecclestone) 氏との交渉は此方も決裂していました。 従って今季F1カレンダーからドイツGPは抹消されざるを得なくなったのです。 以て1950年からのF1の歴史に於いて名義上ドイツGPにはあらぬヨーロッパGP及びルクセンブルクGPもニュルブルクリンクでの開催であったれば ドイツにてグランプリが開催されないのは遠く半世紀以上隔てた1950年、1960年から55年ぶり3回目となり其の中止の重みが感じられます。 商業的な側面に傾くのは興行である以上致し方ないのかも知れませんが、 他GPで充分な収益を上げられるのであらばF1全体を考え、歴史的重みを鑑み ニュルブルクリンク存続のための経済的援助を齎せ得る方向での決定が望まれるべきですが斯く結果が届いたのは遺憾の極みです。

使用写真
  1. Nürburgring, Germany 1960( photo credit: ╚ SεΣ ╤hi∩Gs DiƒFerεNT└y ╗ via Flickr cc
参考URL(※)
  1. ドイツGP中止が発表。2015年F1は全19戦に(AUTOSPORT web:2015年3月21日)
  2. F1ドイツGP、2015年の中止が決定(F1-Gate.com:2015年3月21日)
スポンサー
スポンサー