スーパーカブとカップヌードルとWindowsの共通点とiPhone

累計生産台数1億台も視野に入ってきたのではないでしょうか。 本田技研工業株式会社スーパーカブ は1958年の発売開始以来54年間を経た 去年2011年の時点で累計7,600万台を生産し、 今尚年間400万台以上を売り上げているのだそうです。 〔※1〕 単純計算で6年後には1億台目のスーパーカブが生産ラインに乗ることになります。

ホンダの主力事業は今や自動車となりましたがその礎を築いたのが スーパーカブであるのは疑いようも無く、 そしてその勢いは今も失われること無く今年に入っても関連プレスリリースは 未だ夏の時点で3つも出され、 〔※2・3・4〕 完全リニューアルを伝え、時代に合わせて改善するに余念がありません。 今後も累計生産台数は粛々と積み上げられるでしょう。

カップヌードル と言えばカップ麺の元祖、 日清食品株式会社 が1971年創り出したこのカップ麺と言う分野は今や世界に空気の様な存在となりました。 それから40年余りを経た2011年、全世界80カ国で発売されるその累計販売数は310億食を突破、 日本国内での累積販売数は200億食を超えています。 日本人1億2千万人が一人160食は食べている恐るべき勘定となります。

カップヌードルは定番の無印カップヌードルは勿論、 国民的アイドルグループのAKBメンバーを起用して 新しいカップヌードルの新しい食べ方を提案するなど、 此方も時代の変遷に連れなお進化することを止めません。

長尺② カップヌードルライトサプライズリレー篇2 / AKB48[公式]
長尺② カップヌードルライトサプライズリレー篇3 / AKB48[公式]

マイクロソフト社の Windows はそれ迄世の中に主流だったパソコンの操作方法を一般に馴染み易くしたOSとして 1985年に登場して以来、一般にパソコンを広く普及させる立役者となりました。 今や仕事に趣味に、パソコンのない生活は考えられません。 パージョンアップを重ねたWindowsは2009年10月に Windows 7 として発売されこの2012年6月6日にはマイクロソフト社自身が 累計販売数の6億本突破を伝えました。 〔※5〕

タブレット分野が激震を齎す予兆を示すIT業界ですが 〔K1〕 マイクロソフトはなおこの新分野に意欲的にWindowsを展開しようと図っています。 それは自らのソフトウェア企業としてのアイデンティティを揺るがし兼ねない挑戦でもあります。 同社の影響力を以てして彼の如く本気で取り組むならば、 恐らく億本の単位で売上を積み重ねるのは間違いないでしょう。

以上3商品を概観しましたがこれらに共通するのは 全世界に支持を受けている億の単位で販売された商品であること、 既に物故、若しくは引退した企業創業者の肝煎りで開発されたこと、 今尚、支持を得てその販売数を粛々と伸ばしていること、にあります。

Windowsと因縁浅からぬ、と言うより、 開発の肝煎り同士、ビル・ゲイツとの関係が因果深い スティーブ・ジョブズ氏が開発肝煎りとしてスタートした Windowsの好敵手と成り得たであろうMachintoshコンピュータは 氏がその開発現場を離れてしまったため凋落の憂き目を見ました。 しかし氏がアップル社に復帰するや、 iPhoneと言う携帯電話分野を一変させる商品を世に問いました。

氏は残念ながらスマートフォン元年とされる去年2011年に惜しまれつつ世を去りましたので 未だその商品としての浸透と行く末は未知数ですが、 後進の奮闘次第では上に紹介した3商品に迫るものとなる可能性が高いでしょう。

このように見て来ると企業の成長、成功との因果関係は ヒット商品 にこそあるのではないかと思われます。 世界を変えてしまうほどの影響力を以て登場したそれが、 多くの方の、それこそ全世界から支持を得て後、長期間持続する、 そのために企業は努力を惜しまない、 このような形は企業成功の黄金パターンなのだと考えます。 そして成功企業の創業者とはこのヒット商品を創造し得た者なのでしょう。

何やら世は ビジネスモデル なるものが流行り持て囃されているようですが、 怪しげな経営コンサルタントなどが口走るのを聞くに及んで 些か胡散臭く感じられることも屡、空虚な印象すら抱かせしめられます。 果たして新奇なビジネスモデルを以て時価総額の高騰ばかりを狙う者が まことに社会に役立てるものか疑義も起こり兼ねません。 価値ないものと断じはしませんが ヒット商品を有する企業に比して浅はかと謂わざるを得ないでしょう。

更に言えばヒット商品こそ企業理念として過言で無いように思います。 企業は己を体現すべきヒット商品をこそ求めるべき存在であるのです。 投資家よりは消費者に選ばれてこそ真に価値ある事業であり、 その指標と成るべきがヒット商品であると、 本記事に取り上げた企業の骨太な印象を以てその意を強くするのです。

かたむき通信参照記事(K)
  1. マイクロソフトSurface値付け199ドル予想に日本電機メーカー蚊帳の外(2012年8月19日)
参考URL(※)
  1. 生産台数7600万台 ホンダ・スーパーカブのリニューアル秘話(NEWSポストセブン:2012年8月19日)
  2. カップヌードル(Wikipedia)
  3. 「スーパーカブ110」をフルモデルチェンジしお求めやすい価格で発売(ホンダ社ニュースリリース:2012年2月20日)
  4. 「スーパーカブ50」をフルモデルチェンジし発売(ホンダ社ニュースリリース:2012年5月17日)
  5. 「スーパーカブシリーズ」にビジネス仕様の「スーパーカブ50 プロ」「スーパーカブ110 プロ」をタイプ追加し発売(ホンダ社ニュースリリース:2012年7月27日)
  6. 「Windows 7」は累計6億本販売 Microsoftが発表(ITmediaニュース:2012年6月7日)
スポンサー
スポンサー