ロレックス・ディープシーD-BLUEダイアル~ジェームズ・キャメロン深海単独潜水記念モデル〜命名の由来

腕時計好事家の間では2014年の8月上旬、 ロレックス公式サイトのトップページが話題となっていました。 秘密主義と謂われるロレックスの例に漏れず何の前触れも無く登場した其のモデルこそ ディープシーD-BLUEダイアル でした。 公式サイト当該ページ[※1] には誇らしげに以下引用の如く記されています。

オイスター パーペチュアル
ロレックス ディープシー
D-BLUEダイアル
ジェームズ・キャメロンの歴史的な単独潜水を記念して。
あざやかなブルーから深海のようなブラックへ。
2色のグラデーションダイアルは
地球最深部・マリアナ海溝の底に単独で到達した偉業を讃える。

ロレックス社には2008年のバーゼルワールドで発表されたダイバーズ腕時計 ディープシーDeepsea) なる既存のモデルがラインナップされています。 前世紀初頭に高い防水性を実現したオイスターケースの本舗として前世紀中盤に サブマリーナー及びシードゥエラーの如きダイバーズ腕時計を世に提供したロレックス社が 満を持し究極のオイスターケースを求めて生み出したモデルがディープシーでした。 以来プロダイバーの高い要求に応え続け時を刻んでいます。

此のディープシーに8月上旬、突然加えられたモデルが D-BLUEダイアルD-BLUE DIAL)でした。 鮮やかな群青から漆黒に近い濃紺へと移り行くグラデーションを文字盤に施したモデルです。 D-BLUEのDはDeepのDに他ならないでしょう、 バーゼルワールドに新作を発表するのが常なるロレックス社は如何して此の時期に敢えてディープシーに1モデル加えたのでしょうか。

D-BLUEダイアルが発表されたのと同じ時期に発表されたドキュメンタリー映画がありました。 作品名は 深海への挑戦3DDeepsea Challenge 3D) 、Apple社サイトにも予告編ページが用意[※2] されており2014年8月8日に全米で封切られた此の作品には メインカメラに超高解像度で知られるRED社のRED EPIC MYSTERIUM-Xが使用[※3] されてもいました。

メガホンを取ったのはカナダ出身の ジェームズ・キャメロンJames Cameron) 監督です。 ヒット作も数多持つキャメロン監督は実は海、取り分け深海との関係が深くあります。 1989年には残念ながら不振を託ったSF映画 アビスThe Abyss) が深海を舞台にしており、原作は自身が高校在学中の若き日に書き記した短編小説と言いますし、 エイリアンズ・オブ・ザ・ディープ なる自らのヒット作品名を冠したドキュメンタリー映画もメガホンを取っていますから 深海は監督に取って生涯を通ずるモチーフでもあるようです。 今作はアカデミー視覚効果賞を受賞しながらも思う様な興行収入を上げられなかったアビスへのリベンジ作と取れないでもありませんが 自らの生命を掛けての作品に其の見方は余りにも失礼と言うものでしょう。

キャメロン監督と言えばかたむき通信にも2012年3月27日伝えた[K1] 様に本業の映画の為とは言え、深海1万メートル探検を成し遂げれば最早斯う言っても良いでしょう、 冒険家、探検家でもあります。 此の時撮影した模様が今作の骨格を為しているのでした。

深度1万メートルが如何に危険な領域であるかは今年 正に深海1万メートル付近で水圧に因り大破したと思われる8億円もの巨額を投じて作られた無人深海艇 ネーレウスNereus[※4] のニュース[※5] からも窺い知れます。

キャメロン氏の2012年3月26日の冒険は世界最深のマリアナ海溝への有人潜行としては実に52年振り2回目であり、 更には単独潜行としては世界初の挑戦でした。 其の挑戦の相棒ともなった潜水艇の名称こそ ディープシーチャレンジャー 号でした。 驚くべきは此の時潜水艇船体外部には特別誂えのロレックス製腕時計ディープシーが3本取り付けられていた[※6] と言うのです。 此の3本は7時間もの深海探検の間中正確な時を刻み続け、無事生還したと言います。 此処にロレックス社とキャメロン監督の関係が明らかとなりました。

潜水艇名称には穿って見ればロレックスの希望も有ったのかも知れませんが、 滅多なことではバーゼルワールド以外で新作を発表することのないロレックス社が敢えて8月上旬に此のモデルを発表したのは キャメロン監督への配慮以外に考えられねば ロレックス社がスポンサーとして船名を強いたのではなく、 探検家に然るべく敬意を払った結果キャメロン監督が其れに応えた結果と取った方が宜しいでしょうし、 態々ロレックス社が自社の方針に逆らいキャメロン監督の新作発表に時期を合わせて新モデルを発表したのも首肯けようと言うものです。 文字盤の鮮やかな群青から漆黒に近い濃紺へと移り行くグラデーションは正しく深海探検を如実に表現しているのです。

而うしてロレックス社の新モデルにはディープシーD-BLUEダイアルの命名が為されたのでしたが 好事家などに依れば今年発表の同じくダイバーズ腕時計カテゴリーに在るシードゥエラー4000登場で カタログから削除されるのでは、と懸念されるなどラインナップに微妙な位置を占めるディープシー[※7] が何故キャメロン監督の偉業の記念モデルのベースモデルに選定されたのでしょうか。

上にマリアナ海溝への52年振り2回目の有人潜行と記しましたがでは最初に此れを敢行したのは誰でしょう。 其れはスイスの海洋学者であり、冒険家にして発明家でもある ジャック・ピカールJacques Piccard) 氏でした。 氏を前後して3代に連なる冒険一家となった家系に生を享けた[※8] ピカール氏は1960年1月23日、父親の オーギュスト・ピカールAuguste Piccard) 氏の設計した潜水艇 トリエステ (Trieste) 号に搭乗しキャメロン監督に先立つこと半世紀、人類初の偉業を成し遂げていたのです。

そして其の敢行時、観測室外壁に取り付けられていたのがロレックス社の試作モデルであり、其の名も ディープシー・スペシャル であったのです。[※9] キャメロン監督の深海単独潜水記念モデルはロレックスのディープシーしか考えられませんでした。

ディープシーD-BLUEダイアルには半世紀を超える海洋ロマンが秘められていました。 其の命名の由来を聞けばダイバーには唯に有用なモデルのみならず 胸の熱くなるのを禁じ得ないでしょう。 固よりロレックス・ファンにも自ずから込み上げるものがあるに違い有りません。

基本的にはロレックスの既存モデルであるディープシーを受け継ぐモデルですからフォルムは右の画像と同様、 正面からは端正な面持ちも一旦腕に嵌めればかなり嵩の張るぽっちゃり体型[※10] にて女性の細腕に巻くには無理のあり一般男性にも些か骨の折れるボリュームですが、 但し其のダイヤルは海底の深遠を思わせる深く鮮やかな青色に染められたものとなっておれば 共に一度海に潜るやディープシー足りて海の男の掛け替えの無い相棒として在る其れは 海上に上がるや安堵と達成感に漲る体躯の手首に美しく映えるでしょう。

ディープシーD-BLUEダイヤル、100万円を超える値付けにも関わらず8月初頭の発表から2箇月経ってもネット上に品薄の状況が嘆かれ[※11] 多くのファンは定番モデルとなるか限定モデルとなるかの微妙な線に気を揉む向きの多いのも此のモデルの存在感を物語っています。

使用写真
  1. Deep Submergence Unit releases the U.S. Navy Submarine Rescue Diving and Recompression System's Pressurized Rescue Module Falcon( photo credit: Official U.S. Navy Page via Flickr cc
かたむき通信参照記事(K)
  1. タイタニック3Dキャンペーンで緊急来日のジェームズ・キャメロン監督が驚きの海底1万メートル探検!(2012年3月27日)
参考URL(※)
  1. ロレックス ディープシーのスピリット(Rolex公式サイト)
  2. Deepsea Challenge 3D - Movie Trailers(Apple: iTunes)
  3. ジェームズ・キャメロン監督、マリアナ海溝での撮影にREDのソリューションを採用(RED:2014年10月15日)
  4. ロレックス:ディープシー D-BLUEダイヤルエディション【2014新作腕時計】(Watch Journal.net:2014年8月5日)
  5. ネーレウス (無人潜水機)(Wikipedia)
  6. Nereus deep sea sub 'implodes' 10km-down(BBC News:2014年5月2日)
  7. ロレックス ディープシー チャレンジ - ジェームズ・キャメロンの潜水(Rolex公式サイト)
  8. 限界に挑むピカール家3代(SWI swissinfo.ch:2008年12月11日)
  9. エバンスによるロレックス解説:ディープシー(EVANCE ONLINE SHOP)
  10. ロレックスディープシーの評価(Ref.116660)(Rolex Street 6098 遊馬のロレックス専門ブログ:2013年8月5日)
  11. 気合(ワンちゃんのロレックスの小部屋:2014年10月20日)
スポンサー
スポンサー