案ずるより産むが易し(偶にはこんなこともある)無痛の治療で奥歯の痛み除去

ここ半月と言うもの頭を悩ませていた問題があったのでございます。 それはそれは悩ましき問題でございました。 それは半月前の或る日、ちょっとした違和感を口の奥に感じたことが始まりでございました。

始めは頃日のストレスから生じた違和感であろうと思いました。 案の定、翌日には違和感は更に微かなものに減じていたのでございます。 違和感はこのまま消えてしまうだろうと思っておりました、 いえ、消えてしまった欲しいという、それは願いでございました。 一抹の不安は拭えなかったのでございます。

これが長く生きて来ました経験値と申すものでございましょう、 不安はそのまま現実のものなるべく、 今度ははっきりと痛みとして口の奥に蘇って参りました。 所在も下の最奥部に存する歯にあることが明らかでございました。 その日から今日と言う日まで、その痛みを信じようとしないまま過ごして参りました。 しかしこう申すこの身も人の子でございまして、 それは長く続けられるものではもちろんございませんでした。

今日の今日、遂に歯医者様の敷居を跨ぐことを決意したのでございました。 逡巡は痛みの怖さのためだけではございませんでした。 奥歯にはほとんどが今は金歯で成り立っておりまして、 そ申しますのも本日お伺いする歯医者様にて以前備えていただいたものだったのでございます。

何分、当時かなりの苦労をして治療した部分でございまして、 最早歯医者様に歯の根の部分も残り少ないとお達しのあった部分でもございました。 ここを更に治療するとなれば歯を一本まるまる撤去のお沙汰となることが予想されたのでございます。 そうともなれば入れ歯にせよ、歯医者様の当時申されるには 当今インプラントなる手法もある由お伺いしたことが思い出されます、 その手法を取るにせよ、治療費も馬鹿にならないものに跳ね上がるのでございましょう。 それは或る意味、治療の痛みよりも恐ろしいものでございました。 何とかこの身を奮い立たせ、この心を表すかのように本日は雨がしょぼ降る中、 歯医者様へと足に鞭打って出向いたのでございます。

助手の方に予約無しに訪れたことを軽く叱責され、 しょんぼりと待合の席に腰を掛けて待つことになりました。 申し訳なくも当然のことを申されるだけの可愛らしい助手様が恐ろしい変化の如きに思えます。 どれほど待ったでしょうか、 名前を呼ばれるままに治療の椅子へと席を移したのでございます。

その心境を言い表すのならばやはりそれは処刑台に括り付けられた感じがいたします。 これを俎板の上の鯉とも申すのでございましょう。 後は執行を待つばかりでともすれば消え入りそうになる意識を何とか保たせておったのでございます。

待つ合間には助手の方の手になる問診や検査、レントゲンでは少し先生が 話し掛けてくださいましたが、時計の刻む音も恐ろしく腰掛けておりましたところ 遂に先生が此方へお越しいただける順番が参りました。 この首は悄然と垂れ、ぼそぼそとつぶやくようにご挨拶を交わしました。

ここに福音の鐘がなったのでございました。 先生のレントゲン写真を見て申されますには影が見当たらないことによって 恐らく噛み合わせが変化しただけでしょうというのでございます。 依って手前勝手に予想していた被さる金歯を破壊して取り除き、 その奥の虫歯を穿り出す、という恐るべき一事は避けられ得るのでございます。

先生は馴れた手付きで治療を開始されました。 噛み合わせを測りながら修正に削ること数回、 試しに噛んでご覧なさいと促されてかちかちと噛み合わせた奥歯からは あの頭の芯に響く痛みが退いていたのでございます。 歯医者さん、万歳!!

案ずるより産むが易しと申します。 先生の申されるには特に奥歯は治療の後、変化することが屡であるということでございました。 もしやこの話をお聞きになる貴方様が同じ症状であれば、 若しかしたら万一、このお話の如く軽き一事で済まないとも限りません。 不安の数日間を過ごすよりも精神的に健やかに過ごせることになるかも知れません。 いずれ訪れねばならぬならば早い方が万事宜しかろうと思わぬでもないのでございます。

先生は直ぐに次の方の治療に移られ この身の後の処置は助手の方の手に委ねられたのでございました。 その動きも優しく汚らしい歯垢などを取り除いていただく間、 この身は打ち震える幸福感に至福の時を過ごしていたのでございました。

歯の清掃も終わり、向こうの椅子の治療にあたられる先生にご挨拶申し上げ退席し 再び待合に、しかしこの度は安心感に包まれて待つことになったのでございました。 先ほどは鬼に見えた助手の方が後光の指す天使に見え申します。 思わず周りも省みず拝むところでございました。 お布施の如き支払いを有り難く済ませると次回の予約でございます。

…予約?

その通りでございます。 日頃の行いがこのような時に祟ると申しまして宜しいでしょう。 余罪が見付かったのでございます。 来週またこの歯医者様に覗うお約束を済ませ それでも取敢えずは喜びに浸りながら、 歯医者さん万歳、を繰り返しながら家路についたのでございました。

スポンサー
スポンサー