新東京タワースカイツリー2012年の本日5月22日オープン

今か今かと待ち構えていた方も多いでしょう。 特に地元では大変な期待を背負って愈々 本日2012年5月22日は 東京スカイツリー のオープンです。

このオープンはかたむき通信にも2012年3月18日に記事 業平橋駅からとうきょうスカイツリー駅への駅名変更とウィキペディアの早い仕事 にお伝えしました。 東京スカイツリー開業に先立つ2012年3月17日に80年もの長年慣れ親しんだ最寄り駅の東武伊勢崎線 業平橋(なりひらばし) 駅の駅名をとうきょうスカイツリー駅に改名する意気込みを見せていたのでしたね。

かたむき通信にはまた2012年5月19日の記事 5月21日国を挙げての大イベント金環日食~国立天文台HPが分かり易く説明 にお伝えした金環日食がオープンを祝うプレイベントであるかの如く オープン前日の5月21日に東京スカイツリーとコラボレーションを果たし、 多くの参集された方々を楽しませたことがスポーツ報知の当日の記事 スカイツリーと金環日食がコラボ (2019年3月16日現在記事削除確認) に伝えられています。

業平橋駅に習ったものか2012年5月21日の@niftyのニュース記事には 駅名に「スカイツリー前」 (2019年3月16日現在記事削除確認) があり、押上駅では駅名変更こそないものの添え書きとして看板に スカイツリー前 を書き加えたものと全て交換したとのことです。

実は開業前から多くの人々が東京スカイツリーには押し寄せており、 既に観光名物として機能してもいます。 このように現実的に大勢が押し寄せる光景が目の前に展開されては 地元の期待は否が応でも高まろうと言うものです。

金環日食だけにプレイベントを任せておく訳には行きません。 墨田区民が祝賀イベントに9,500人も参加し、 警視庁音楽隊もパレードを披露しています。 錦糸町駅界隈ではツリー周辺を巡るスタンプラリーも企画、 開業前のツリー見物と共に参加する人を楽しませました。

開業前日には多くの訪れる方のために地元の中学生や企業の社員さんが ボランティアでツリー周辺を清掃し、 東京スカイツリータウンの商業施設ソラマチには310店舗が軒を連ね、 ここでしか買えない品物を用意、 勿論観光客の舌を満足させるスイーツなどにも抜かりはありません。

なお東京スカイツリーには駐車場の用意がないので車でのお出掛けは控え、 また2012年5月22日(火)から2012年7月10日(火)迄は完全予約期間となっていますから 入場し展望台から東京を一望したいとお望みの方など注意が必要です。 予約や購入については東京スカイツリーサイトの 予約・購入ページ (2019年3月16日現在は当該ページのリンクを辿ると 個人のお客様 | チケット・料金 ページにリダイレクト処理されます。) に詳細があります。

暫くは混雑が続くでしょう。 どうか事故、不測の事態など招かれませんように、関係者の皆さんは大変でしょうが頑張って下さい。 訪れられる皆さんが初夏の一日を大いに楽しまれれば好いですね。 東京スカイツリー、その誕生から世を明るくしてくれる存在です。

Googleマップ東京スカイツリー
スポンサー
スポンサー