アクティブ率大幅悪化~自らmixi疲れで身売り検討か

かつて一世を風靡したSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の mixi はその成長過程で今やソーシャルゲームで名をなすGREE(グリー)などとの競争に勝利し、 日本一の会員数を有し、 SNSと言えばmixi(ミクシィ)を指した程でした。

その盛り上がり振りはmixiでの友人との遣り取りの楽しさの余り、 いつでもネットと接していなければならない強迫観念から mixi疲れ と言う流行語も作られたことからも察せられます。

IPO時には株価は上がる一方、 手にした巨額の資金の使い道に時の社長笠原健治氏が貯金などと、 冗談にせよ口走ったことで叩かれたこともありましたが、 世の投資家から大いなる期待をされたことは確かでした。

しかしそのmixi社の主業務であるSNSサービス mixiの凋落が留まる処を知りません。 去年の夏にははなまるチェック!ブログ2011年8月27日の記事 撤退!mixi~最早衝撃的な名称のツール登場 にmixiを止める際、データを全て引き上げるためのツールが登場したことを紹介しました。 この時には既にFacebookに加えGoogle者のSNS、 Google+(グーグルプラス)の名も記事に見えています。 黒船たる舶来SNSの襲来がmixiに影響を与えたことは確かです。

それより一年近くが経とうとしていますが、 業績回復のためのmixi社では決定的な手が打てていないようです。 ネット上を見れば打つ手打つ手が空回りどころかネガティブな反応をも齎している様子が伺えます。 例えば

  • 招待制の廃止
  • 足跡の訪問者への変更
  • mixiミュージックの失敗
などが先ずは不評として上げられるところだと思いますが、 人に依っては日記検索の制限やコメントの回数制限を上げているものもあります。 設定や条件に依って機能制限はあるでしょうが、 利用者にもストレスが溜まる仕様変更が頻繁に行われたようです。 それは決して利用者に不快感を与えるためのものではなく、 サービスを快適にしようとの目的ではあったけれども上手く機能しなかった、ということでしょう。

更には追い討ちを掛けるべきデータが公表されました。 それは自らの直近の四半期決算短信及び通期短信発表に伴う各種最新データに含まれるものでした。 このデータの「登録ユーザー数」と「月間ログインユーザー数」などについてグラフ化による可視化で 分かり易くしたものを記事としてライブドアニュースが2012年5月13日に mixiのユーザー数と「アクティブ」ユーザー数推移をグラフ化してみる(2012年3月分対応版) 配信してくれています。

当該記事の要点を述べれば 登録ユーザー数は増えているものの月間ログインユーザー数は横這い、 若しくは減少に転じているためアクティブ率が上昇している と言うことになるでしょう。 簡単に言えば登録すれども使われず、と言うことになります。 現在インターネットコンテンツがユーザー時間占有率を競う中、 この数字は直接経営に影響を与える厳しいものと謂わざるを得ないでしょう。

mixi社はSNS企業としての成功が大き過ぎたためか、 返って舵を取れ切れなくなった感があります。 冒頭に嘗ての競合GREE社などは今は問題の感も有りますが、 mixiとの戦いに敗れた後、上手くソーシャルゲームに舵を切ることが出来ました。 そして当のmixi自身が嘗ては人材派遣会社であり、 社名も株式会社イー・マーキュリーであったものを サービスブランドmixiへと商号変更したのでした。 しかし最早その会員数の重さから舵を切り得ない状況となっていたのかも知れません。

そんなmixiが未だ決定ではないようですが遂に身売りを検討しているとの情報が入って来ました。 日経ビジネスの2012年5月15日の記事 ミクシィ、身売りを検討 がそれで副題は 突然の不自然な経営体制刷新 とされています。

しかし未だ経営方針にはブレが見られ一定の指針が見えないようです。 上記の数字を見れば経営不振に到るのは致し方のない処ですが、 この状態が長く続いて経営陣、代表が求心力を失っているのかも知れません。 記事ではこれを社内の混乱状態を表すものと指摘する声があるとし、 一方、突然の経営体制刷新を身売りに向けた地均しと見る向きもあると伝えています。

斯様にSNSを主業務とする経営は困難を伴うものなのでしょうか? またはSNSの避け得ない宿命なのでしょうか? 答えは数年の内に今まさにmixiにプレッシャーを与えているFacebookが出してくれるのかも知れません。

スポンサー
スポンサー