インフルエンザ予防接種の季節到来~ワクチン接種するべきかはたまた…

ファッションやスマートフォンでは既に秋冬モデルが出揃い、 待ち行く人も1枚余計に上着を羽織る気候となって来ました。 毎年10月末からこの11月となれば恒例の風物詩にも感じられます、 インフルエンザ予防接種 が賑わう時期でもあります。 TwitterやSNSでもお友達や知り合いなどが 予防接種を終えた旨を知らせたりする投稿も流れたりし始めているのではないでしょうか。 それを見てネットなどでインフルエンザについて調べて見れば 各所に接種を勧めるページが散在し、焦る向きなどあるかも知れません。 ワクチンの効果発現は3~4週間と言われる情報も散見されますから 予防接種の直ぐ後には効かない訳で、 となれば師走の声を聞いて急ぐ気持ちも起こってしまいますね。

インターネットの発達、普及した世の中ですから 何処のお医者さんが予防接種に掛かるお値段が安いのか 調べる向きも多いのではないでしょうか。 ご存知の通りインフルエンザ予防接種のお値段は 各医院に拠ってまちまちであり、 倍は結構当たり前、場合に因っては3倍もの開きがあることもあるようです。 これは年齢に依ってワクチンの量などが異なることにもあるそうですが、 お医者さんが自由に値付けを出来る制度にもあるようで、 だから定価も存在しないのでした。

予防接種を受ければ特定のインフルエンザウイルス抗体が体内に生成されて 免疫が出来るので治癒過程が円滑になって症状が軽くもなるとされています。 従って種類の多く存在するインフルエンザについて特定が必要となりますが、 これについて毎年WHOの情報を受けた国立感染症研究所がA型+B型ワクチンを作成しています。 従って当たることもあれば外れることもある訳で、 その点については覚悟する必要があります。 インフルエンザの種類の特定について、 毎年の予想的中率などの正確性が分かるデータがあれば良いと思いますし、 厚労省が公表すべきだとも思いますが見当たりません。 どうやら的中率については適切なものが出回ってはいないような情報 〔※1〕 もネット上に見受けられるのです。

Preparing the Injection

何やらインフルエンザワクチンについて雲行きが怪しくなって来ました。 インフルエンザのウィルスには流行を起こす地域や年度によって異なり、 これ等を分離された場所と年度によって として命名・分類されるのだそうです。 実はこの流行するウィルス株を予測するのは実に難しく ワクチンに予測したウィルス株と実際に流行するウィルス株が ぴったり一致するのは宝くじを当てるより確率が低いとの言説もあるのでした。

そしてインフルエンザ予防接種については 近年賛否両論が展開されている処でもあるのです。 一般には大々的にマスコミや公共機関などを通し接種の必要性が喧伝されてはいますが、 今やインターネットの時代となれば個々人が情報発信するのも容易となり、 ネット上にはインフルエンザ予防接種の効用について疑義を発する意見も散見されます。

先ずは強烈な一撃として Thinker Question Authority が配信されています。 その前半 〔※2〕 ではインフルエンザワクチンの無力性が様々なデータと共に検証されています。 その上でインフルエンザワクチンが2兆円と言う巨大市場をなしている面を伝えます。 予防接種に関する些かネガティブに偏った感はありますが多くの書籍も紹介される処です。 そして後半 〔※3〕 ではその市場の大きさから製薬業界が 政界、メディアへ影響力持つとしています。 こうなると些か厚労省のデータも懐疑を抱かざるを得なくなってしまいます。

また 社会問題勉強会 と言うホームページでは 成人病の真実 なる書籍から  インフルエンザワクチンを疑え とされる項目を抜粋、インフルエンザワクチンは有効だが無用と結論付けています。 加えてインフルエンザワクチンの接種を薦める風潮に乗じて挙って推奨するメディアと、 それに登場するしたり顔の医療ジャーナリストは薬屋の回し者、と迄断じています。

最後にもう一つ紹介すれば元のページは失われていますが、 前2者が批判の対象とする当の大手メディアの筆頭たるNHKでさえが インフルエンザワクチンの効果が低い旨伝えたとする情報 〔※4〕 もネット上には残っています。

これらインターネットの情報は玉石混交ですから 飽く迄自己責任で自己判断する必要がありますが、 大手商業メディアや公共機関とは異なる意見に目を通すのも最終的な判断を自らに下すには 健康に関するだけに正しくセカンドオピニオンとして大事なことでしょう。

これ等情報を見て思うのは割りと身近にもインフルエンザ予防接種に 疑義を唱える人が多いことです。 曰く、予防接種を受けたのに結局インフルエンザに罹ってしまったであるとか、 曰く、予防接種を受けた途端に体調を崩して仕事を休まざるを得なくなったりであるとか、 大変な目にあって懲りたのでもう接種しないと言う意のものです。 此方に関してもネットには同じ類の思いをした向きが諸所散在し、 例えば読売オンラインの発言小町には体験者の談が幾つか聞けます 〔※5〕 し、つい先日2012年11月7日には中日新聞福井版に インフルエンザ予防接種の是非を巡って幾つかの議論が紹介され、 接種後の不調の事例などが取り上げられてもいます。

2009年には新型インフルエンザが世界的流行病、所謂パンデミックとなり、 2010年に掛けてワクチンの生産が間に合わず 絶対的に供給が不足した事態を招いたのは記憶に新しい処です。 矢張り在る程度効用があるとなれば欲しいと思うのが人情でしょう。 医院に人々が予防接種に殺到したのも無理からぬものです。 病は気から、とも言うように接種して安心した生活が得られるのならば それはそれで必要なものでしょう。 唯、需要が逼迫し本当に欲しい人に手に入らない事態は心情的にも避けたいものです。 家庭に妊婦が居る際など矢張り家族は接種しておきたいと思うでしょう。 また仕事柄普段多くの人との接触が欠かせない向きにも精神安定上も必要なものかも知れません。 これら接種を望む人々を拒否するのは現時点では如何なものかと思われます。

出来得ればインフルエンザワクチンの効用について 政治的な配慮やコマーシャル抜きで徹底的に検証がなされ、 その結果が出る迄は、本当に必要な人以外で、 若く健康に自信がある方は、食事を偏らないように気をつけ睡眠を充分取り、 不摂生をしないように注意して インフルエンザ予防接種を遠慮しておくのが望ましいのかも知れません。

使用写真
  1. Preparing the Injection( photo credit: stevendepolo via Flickr cc
参考URL(※)
  1. インフルエンザのワクチン株の的中率はどれぐらいですか?(ヤフー知恵袋:2011年6月11日~27日)
  2. インフルエンザワクチンは打ってはいけない!前半(Thinker Question Authority)
  3. インフルエンザワクチンは打ってはいけない!後半(Thinker Question Authority)
  4. インフルエンザワクチンは無益(社会問題勉強会)
  5. インフルエンザ“ワクチン効果低い” NHKニュース(Ceron.jp:2012年2月24日)
  6. インフルエンザの予防接種で体調不良になる?(読売オンライン発言小町:2008年12月9日)
  7. インフルエンザ予防接種に賛否両論(中日新聞福井版:2012年11月7日)
スポンサー
スポンサー