讃岐うどんの立役者~老舗かな泉倒産そして営業停止

デフレスパイラルに錐揉み上に景気が減退すれば 安売り合戦の止まる処を知りません。 YKK戦争とも呼ばれる安売り合戦を生き抜き今や大資本となった 家電量販店と言えどもその影響を免れないのは かたむき通信にも記しました。 〔K1〕 そして今、讃岐うどんを全国的に広めた立役者であり、 1949年創業に製麺メーカーとして設立、創業63年の老舗でもある かな泉 が2012年11月12日、営業を停止しました。

2012年11月15日現在、 店頭には定休日の看板が置かれ保全管理人による張り紙が空しく貼られ、 讃州うどんの庄 かな泉 のホームページには孰れのページを訪れても以下の文言が寂しく表示されるのみです。

謹 告
衷心よりご報告申し上げます。
昭和28年の設立以来、今日に至るまで、皆様には一方ならぬお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社は、平成24年11月12日をもちまして、全ての営業を終了することとなりました。
長年のご愛顧に心より感謝申し上げます。
平成24年11月13日
株式会社うどんの庄かな泉

うどんの庄かな泉が本拠を置くのは勿論香川県高松市、 讃岐うどんの製造、販売からうどんを扱う実店舗を運営し、 多店舗展開も図られそのピークには四国、中国、近畿に10店舗以上が有りました。 知名度も向上し1989年5月期の売上高は24億8千万円を計上していました。 土産用のうどん販売も伸張し、うどんのネット通販にも進出する勢いがあったのです。

しかし時代は同社の勢いが続くことを許しませんでした。 長引く景気低迷です。 宴会需要は徐々に減り、逆におか泉、飯野屋、なかむら、丸亀製麺など 観光客に人気の有名うどん店など競合は増え、 本記事冒頭にも記したようにセルフスタイルを売りにする激安うどんチェーンが台頭しては 苦戦を強いられざるを得ません。 加えてバブル期に投資を失敗したと言うお決まりの噂も聞かれます。 そして21世紀に入ってからは不採算店を相次いで閉鎖、 店舗は高松本店と空港店、倉敷美観地区の店舗の3店に迄減ってしまったのです。 売上も店舗数減少に連れて低迷し2011年5月期は7億5,200万円に落ち込み、 赤字は1億円近くあったとされます。

こうとなっては経営も行き詰まり遂には今年2012年4月20日に 高松地方裁判所へ民事再生法の適用を申請、5月に再生法の適用を受けていたのでした。 此の時の負債総額は約8億円とされていました。

その後、勿論経営再建を目指して7月には東京の投資会社 スピードパートナーズ とスポンサー契約を締結 〔※1〕 し、同月設立した かないずみ に経営権を譲渡予定でしたが債権者の金融機関との間で協議がまとまりまらず、 今回の営業停止を余儀なくされたのでした。 関係者の話しとして負債総額は6億192万円とされています。

かたむき通信参照記事(K)
  1. 曲がり角の家電量販店~YKK戦争も今は昔、忍び寄るネットの影(2012年9月27日)
参考URL(※)
  1. 株式会社うどんの庄かな泉に関するスポンサー契約締結のお知らせ(株式会社スピードパートナーズ:2012年7月10日)
スポンサー
スポンサー