誰もが羨むビジネスモデルで営業利益率50%の超優良企業クックパッド

毎日の献立に悩むお母さん達ばかりか、 最近では厨房に入る男子の強い味方となっているのが日本最大のお料理レシピサイト クックパッド でしょう。 かたむき通信にも グルメ 系の記事を書くときには重宝させて貰っています。

インターネットでビジネスなどと宣はれる主婦の方でクックパッドを知らない、 などと言う場面に出くわした際には、あら、勿体無いなどと老婆心ながらも はなまるチェック!ブログの2011年6月11日記事 インターネットから一歩退いてみよう―クックパッド にあるようなお節介を焼いてしまったりもさせる秀逸サイトでもありました。

このクックバッドが実に高い営業利益率を上げていると、その好調を知らせてくれるのは PRESIDENT 2012年 7.16号 掲載の記事でヤフーにも2012年6月29日に配信されている なぜクックパッドの営業利益率は50%なのか です。

記事タイトルにもあるようにその売上高営業利益率を見れば 2011年4月期は49.8%。12年4月期は46.8%と驚きの数字を示しています。

はなまるチェック!ブログの2011年10月29日記事 アップル社の驚異的な粗利を見る、iPadは4割、iPhoneは何と7割! にはアップル社は特異な製造業ですから比較すべき範疇のものか分かりませんが 参照すれば製品毎の粗利が示されており実に高いものとなっています。

高い利益率は即ち当該企業が社会に高い付加価値を持つ証明の様なものであるでしょう。 因みに上場企業の営業利益率の平均値は4~5%であるそうです。

この高い売上高営業利益率の要因を記事では以下の様に3つ挙げています。

  1. 限界利益率の高さ
  2. 会員事業の高収益性
  3. 低いプロモーション費用

1番目の限界利益率の高さはWebサービス提供者の目論見の一つとなる処ですし、 3番目のプロモーション費用を掛けず口コミで会員を増やしていく手法もWebでは常套手段です。 しかし只の利用者から2番目の有料会員への転換は並大抵ではありません。 通常これが上手く運ばないためWebサービスではついついその収益を広告に頼らざるを得ません。 更には退会率は3%程度と言うのも驚きで、 余程顧客満足度か高いと思われ、これが高利益率に繋がらない訳がありません。

有料会員の会費は月額294円となっていてそれほど高価なものには感じられません。 これも退会率の低さに繋がるのだと思います。 しかし月の利用者が1,500万人でありその5%が有料会員であるとすれば75万人、 これに月会費を掛ければ月の会費収益は2億2千50万円になる計算です。 これに限界利益率の高さを鑑みればその好調振りが伺えようというものです。

プレジデントオンラインではこの記事に先立つこと1年程前の 2011年8月15日号 でも 営業利益率50%!クックパッドの「7つの秘密」 と特集を組んでいます。 7つの秘密として以下が挙げられています。

  1. 品開発のアイデア創造段階ではなく商品使用における消費者の知識創造に焦点を当てている
  2. 新規の製品創造より既存製品に手を加えない用途革新に焦点を当てている
  3. 使用場面の革新を通じて目指しているのが、交換価値(販売価格)の向上ではなく使用価値の向上である
  4. 料理専門家ではない素人による知識創造を重視し、さらにそれを意識的に可視化しようとしている
  5. 消費者に対する姿勢はオープンである
  6. 消費者へのアプローチは特定少数志向ではなく不特定多数志向となっている
  7. 消費者を投稿者、積極的模倣者、単なる閲覧者のように三層構造で理解し、知識創造(アイデアの投稿)とプロモーション(アイデアの閲覧と利用者間の口コミ)を統合している

これらの特徴を以てしてクックパッドは 消費者によるイノベーションと当該イノベーションのプロモーションを統合し、 この民主的プロセスを通じた当該商品に対するイノベーションと それに対する需要の拡大再生産を実現させていると記事は分析しています。 消費者が同時にレシピ考案者、即ち付加価値創造者となってまた消費者を招く、 正のスパイラルが築かれていると捉えれば好いのでしょう。

経営者に圧倒的な指示を受けるプレジデントにしてこのように頻繁に特集を組ましめ、 此処迄謂わしめるとは、クックパッドの快進撃はまだまだ続きそうです。

スポンサー
スポンサー