兵庫県神戸市のぼっかけ焼きそばは長田地元の味

見るからに濃い味付けで思わず涎が垂れてしまう、 実に食欲をそそるB救グルメと言うのも今では市民権をすっかり得て失礼には当たらないと思う、 地元、地元で愛され親しまれている、 そんな食べ物が兵庫県神戸市長田区にありました。 その名も ぼっかけ と言います。

何故ぼっかけと呼ばれるのかと問えば ぶっかける が変化したものだそうで兵庫県神戸市辺りの方言になるのでしょうか。 その親しみ深いネーミングに尚更地元の愛着も感じられます。

そのぼっかけの正体は 牛すじとコンニャクを甘辛く煮たもの なんだそうでこれを饂飩やカレー、ラーメンなどに ぼっかける神戸市長田区が元祖の地元自慢の味なんだそうです。

然るべくしてぼっかけ饂飩に、ぼっかけカレー、ぼっかけラーメン なんて様々なぼっかけがあるそうなんですが、 これを焼きそばに適用すれば ぼっかけ焼きそば となる道理です。

ぼっかけ焼きそばでネット上を見てみればなる程、 藤原家の毎日家ごはん。ブログさんの2009年11月8日の記事 ぼっかけ焼きそば。 にはタイトルそのままの記事がありました。 旦那さんの実家が神戸なんですね。 昨日の晩御飯がぼっかけ焼きそばと長田焼きなんだそうで お子さん二人ともモリモリ食べてます、美味しそう! 長田焼きはお好み焼きみたいな感じでそのレシピも紹介、 途中には イカ天、鰹節、牛筋をぶっかけて(ぼっかけて)~ と本当にぼっかけはぶっかけなんですね。

もう一つネット上から、 東西酒場探訪案内所ブログさんの2011年11月22日の記事 神戸長田のソウルフード?「長田本庄軒」の“ぼっかけ焼きそば”なるものを食します。 が有りました。 長田本庄軒 なる焼きそば屋さんでぼっかけ焼きそばを食した内容です。 ぼっかけ焼きそばには ぼっかけ玉子モダン なるものも添えられてちょっと写真を見るだけで堪りません。

また厨房の様子も写真に収めています。 そこでは焼きそばの麺が蒸されるのではなく茹でられているんですね。 これはかたむき通信 グルメ 記事ではお馴染み、漫画 ネイチャージモン第6巻初公開!粉ものの秘密ツアー!! に登場のお店、たまプラーザ駅最寄の粉ものの名店 子ぐま と同じ手法ではないですか。 ぼっかけ焼きそばは若しかしたらジモンさんの子ぐまの焼きそばに対する評価 ヌルヌルモチモチアルデンテ が実現されているんでしょうか?

このお店は 長田本庄軒センタープラザ店 と言うのだそうで関西、関東、九州に16店舗ある 長田本庄軒 と言うお店の内の1店です。 下に矢張り関西は地元、兵庫県神戸市長田区の店舗を表示した地図を用意しておきます。

長田本庄軒 兵庫県神戸市長田区の店舗    大きな地図で見る

公式のホームページも 長田本庄軒 として用意されています。 讃岐釜揚げうどん丸亀製麺なども経営する 株式会社トリドール が展開する焼きそば屋さんでした。 しかしぼっかけは他にもオムそばやとろ玉焼きそばなど 見るからに唾の溜まるメニューが用意されていて溜まりません。

これもかたむき通信 グルメ 記事恒例、クックパッドを見てみれば確り ぼっかけ(牛すじの煮込み) レシピが用意されていました。 ご家庭で神戸長田の味にチャレンジしてみるのも面白いですね。

スポンサー
スポンサー