ホンダの超小型車への本気~マイクロコミュータープロトタイプ公開

掛け声は勇ましかったのですがなかなか具体的な姿を現して来なかったのが かたむき通信にも幾度か扱った超小型車の話題です。 最初に超小型車を取り扱ったのが今年2012年の5月 〔K1〕 でしたが以来、政府、国土交通省など行政機関が旗を振れども 其処は具体化するのに政治的にも経済的にも技術的にも数々の問題があるのでしょう、 現在超小型車と目され市販されているのはトヨタ車体のCOMSにとどまります 〔K2〕 し、それさえも法的には超小型車ではなくミニカーの扱いで 〔K3〕 法制化ももう一つ踏み込まれない感があります。

しかし具体的な製品が登場するとグッと現実感が高まってくるものです。 今回そう思わせてくれたのが 本田技研工業株式会社マイクロコミュータープロトタイプ であり、同社からはプレスリリースが配信されています。 〔※1〕 以下に気になる画像を引用します。

上の図にも見えるように Variable Design Platform なるシステムが採用されているのが目新しい処でしょうか。 これがプロトタイプの設計コンセプトなのだと同リリースは説明しています。 このシステムに依って同一車体を様々な形態に変更可能で 宅配、子育て支援、カーシェアリング、通勤、高齢者仕様、公用 といったさまざまな用途での利用が可能となり、 従って来年2013年に検証するに便宜が図られるものとなっています。 恐らくは検証に止まらず市販の際にはコストダウンのためにも このシステムは活かされるような気がし、 現段階で上手い仕組みを考案したものだと思わされます。

ホンダではマイクロコミューターのコンセプトモデルを 2011年の東京モーターショーで公開しており、 2012年6月18日に東京霞が関の国土交通省駐車場を用いた試乗会が催された際にも登場していましたが、 其処では未だ走行不能な状態でした。 〔K4〕 これが此処に来て進化しての登場と相成った訳です。

各法規に準拠する予定で決定では有りませんが プロトタイプ主要諸元としては現時点では以下のように発表されています。

  • サイズ(全長×全幅×全高):2,500×1,250×1,445(mm)
  • 最高速度:80km/h
  • 最大航続走行距離:60km程度
  • 充電時間:3時間未満
  • バッテリー:リチウムイオン
  • 最高出力:15kW

緒言にもある通り超小型車としては定番の電力で走行する Electric Vehicle、EVで、この蓄電装置を家庭用蓄電池としても機能させる Honda Smart Home System なるシステムへの利用も検証されるとされています。 充電に於いてはルーフに設けた太陽電池の利用の検証もされるそうで 走行補助の動力源となるのは勿論、 災害時などにはきっと強い味方となってくれるのではないでしょうか。

そして最後に注目したいのが個人所有のiPadやAndroid、マイクロソフトのSurfaceなどの 所謂タブレット端末をメーター表示、ナビゲーション、オーディオ、バックモニターなどの機能に 応用する予定であるとされる部分です。 汎用性のあるタブレット端末の利用として好適なのではないでしょうか。 これならば同時にハードウェア的なインターフェース部分のコストを抑えられますし、 尚且つグレードアップにはソフトウェアをバージョンアップすれば好いと言う寸法です。

Variable Design Platformと言い、 Honda Smart Home Systemと言い、 タブレット端末の利用と言い、 かなり練り込まれた印象があり、 今回発表のマイクロコミュータープロトタイプは ホンダの超小型車への本気が覗えるようなプロトタイプと言えそうです。

かたむき通信参照記事(K)
  1. 超小型車~約半世紀振りに自動車に新車両区分検討開始2012年5月27日
  2. トヨタ車体から超小型車第1号コムス(COMS)発売、実質負担額59万8,000円から(2012年7月2日)
  3. 超小型車第1号と目されるコムスの現行の運用はミニカーに準拠(2012年9月3日)
  4. 新設超小型車の波紋~試乗可能車はトヨタがコムス、日産がニューモビリティコンセプトを用意(2012年6月23日)
参考URL(※)
  1. 超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」を公開 ~2013年より「Variable Design Platform」を採用した車両で実証実験を開始~(本田技研工業株式会社:2012年11月13日)
スポンサー
スポンサー