トレンチコートの老舗アクアスキュータム倒産、1世紀半の歴史に一旦終止符

英国のトレンチコートで有名な老舗ブランド アクアスキュータム が経営難から倒産手続きに至ったと同社破産管財人が 2012年4月17日発表しました。

アクアスキュータムは1851年創業ですから1世紀半に余る歴史を有します。 ロンドン万国博覧会の開催された当年ジョン・エマリー氏により創業されました。 ブランド名の由来はラテン語で水を表すaquaと楯を表すscutumを組み合わせた造語で防水を意味するそうです。 ジョン・エマリー氏はウール生地の防水加工の研究に取り組んだのでした。 イギリスとロシアとの間で1853年に勃発したクリミア戦争で アクアスキュータムが重宝されたことから見える様に当初は軍用の防水生地で名を馳せたのでした。

続く1914年から1918年に於ける第一次世界大戦でも アクアスキュータム製の軍用コートはその抜群の防水性で塹壕で戦う英国兵士に着用するところとなります。 塹壕とは即ち戦争最前線に敵との銃撃戦から身を守る為の土に掘られた溝のことです。 戦争という命が危険に晒される、しかも溝の中を這い回るとなれば最前線での話で、 そのような極端な悪条件の中で戦う兵士に信頼されたのですね。

これが一旦、一般の生活の中に着用されれば悪天候如きはものともしないでしょう。 このような実用性の高さと軍用の雰囲気をそのデザインに残すことから 平時にも紳士に愛用されるようになりました。 塹壕を英語でtrenchと言います。 このコートはトレンチコートの原型となり広く普及したのでした。

トレンチコートが広く人々の羽織るところとなったのは映画の力も大きく、それは一大流行ともなったのでした。 ピンクパンサー シリーズではクルーゾー警部を演じた主演のピーター・セラーズ氏が着用する トレンチコートは最早トレードマークとして通用しましたし、 飽く迄も執拗なその姿勢と明敏な頭脳で犯人を追い詰めていくピーター・フォーク氏演じるところの 刑事コロンボ はその恐るべき推理力を隠す為に独特の口調と(小池朝雄さんが吹き替えた日本だけでしょうか?) ガタガタの1959年式仏国製プジョー403コンバーチブルと共に よれよれのトレンチコートが活用され犯人を煙に巻くこと屡でした。 窮め付けはボギーことハンフリー・ボガード氏でしょう。 1942年製映画 カサブランカ でボギー演じるリックに着用されたトレンチコートが世界中のどれ程の男性に アクアスキュータムのコートの袖に腕を通さすことになったか知れません。

アクアスキュータムは広く世界に普及し外貨を稼ぐと共に 英国王室御用達ともなりました。 その主なるターゲットは高級紳士服市場です。 しかしこの経営方針は近年市場と上手く噛み合わなかったようです。 1990年には日本企業のレナウンが買収しましたが、 2009年には全株式を英国Broadwick Group Limitedに譲渡していました。 こうして栄光の歴史から紆余曲折を経て、今回の経営難からの倒産となってしまったのです。 因みにレナウンでは現在もライセンス製造は継続しているとのことで 同社Webサイトにも専用ページ Ladie's Aquascutum 及び Men's Aquascutum が設けられています。

アクアスキュータムと言うブランドには言い知れない価値があると思います。 現在破産管財人は後ろ盾となる新たな支援先企業を探しているとのことです。 こうして倒産の情報が流れれば孰れ関心を持つ企業の目に留まり 当該企業の経営戦略の俎上に乗せられ、 そしてこの付加価値の高いブランドは復活することが予想されます。

スポンサー
スポンサー