アサヒグループHD、味の素からカルピス買収で国内市場にも梃子入れ

飲料業界では販売数量に於いて上位2社即ち、 日本コカコーラとサントリー食品インターナショナルで 凡そ半数のシェアを占めているところ、 3位に伊藤園、4位にアサヒグループホールディングスが位置していましたが、 この3位、4位が近々引っ繰り返ることになりそうです。

アサヒグループホールディングスでは傘下の飲料事業に於いては アサヒ飲料とエルビーを合わせた2011年12月期の売上高は3,247億円、 営業利益は113億円でしたが、これにカルピスの2012年3月期売上高1,106億円、 営業利益45億円のボリュームが加わることになり、 売上高で4,000億円超、営業利益で凡そ150億円の目論見が立つことになります。

各メディアの伝えるところによると アサヒグループホールディングスは味の素社と その傘下であるカルピスの1,000億円規模での買収について交渉しているとのことです。 この事案が明らかになったのは昨日2012年4月27日のこと、 未だ検討段階との両社のコメントですが5月中の合意の 蓋然性は高いものと関係筋からは見做されているようです。

この買収によるメリットを考えると味の素は買収資金を得ることに併せ、 社内リソースを本業の調味料やバイオ事業に集中させることが出来、 またアサヒグループホールディングスは極めて周知されている飲料ブランドを得ることに併せ、 研究開発や営業面でも相乗効果を得られると考えているとのことで、 国内飲料業界上位2社を追撃する体制整備へ向けての一手になります。 固よりアサヒグループホールディングス傘下のアサヒ飲料とカルピスは 自販機の運営管理で提携するなどする近い関係にありました。

この報道を受けて カルピス株式会社 では本日2012年4月28日の段階でその公式ホームページ上で

 2012年4月27日、一部報道機関で「アサヒグループホールディングス㈱が当社を買収」という趣旨の報道がございました。
 本件は当社および味の素㈱が発表したものではありません。味の素㈱およびアサヒグループホールディングス㈱両社が検討中という情報は確認しております。  今後、具体的な内容が決定された時点で発表いたします。
と配信しています。

カルピスは 初恋の味 で知られる最早日本では知らない人がないほどだと思われる 超優良ブランドと言って良いでしょう。 その設立は1916年、大正5年の醍醐味合資会社を前身とし、 1919年、大正8年には日本で初めての乳酸菌飲料・カルピス開発し発売、 大当たりを取り、1923年、大正12年にはその商品ブランドを屋号とすべく カルピス製造株式会社に、飛んで1997年、平成9年には カルピス株式会社に商号変更、 2007年、平成19年には味の素株式会社の完全子会社となっていました。

味の素社の傘下となってからは 消費者の希釈作業が基本だったカルピスを購入後直ぐ飲める カルピスウォーター や、これをカクテル仕立てにしたアルコール飲料 カルピスサワー を開発したり、ミネラルウォーターのエビアンやワインなどの輸入も手掛けていました。

またアサヒグループホールディングスはかたむき通信でも

とその積極的な施策を伝えてきもしました。 今回のカルピス買収もその一連の積極性の現れでしょう。 管見に於いてはバランス的にも海外市場に向けたスターベブの買収、 海外ブランドのモンスターエナジーとの提携、 そして今回のカルピス買収が国内シェアの向上と 実に上手く配されている感があります。

先ずは味の素社との合意がなされるかが先ですが、 アサヒグループホールディングスのこのカルピス買収が 飲料業界の上位2社にどのような施策を強いることになるか、 興味深いところです。

追記 (2014年11月14日)
なだ万 アサヒビールが本日14日、老舗日本料理店 なだ万 の51.1%の株式を取得することで両社合意、過半数株式取得での買収が年内に完了される予定であることを 各メディアが一斉に報じました。 アサヒグループホールディングス 及び アサヒビール からは未だWebサイト上に公式ニュースリリースは配信されていませんがなだ万側には 株主の異動に関するお知らせ として公式にニュースリリースが配信されています。 アサヒビール側としては老舗料亭に長年培われたノウハウを取引先の外食企業への営業力提案に活かせ なだ万側としては事業基盤の安定となだ万ブランドの諸事業の信頼性向上が見込まれるものとされています。 アサヒグループHDとしてはアサヒ飲料がモンスターエナジーを国内独占販売し 〔K1〕 アサヒビールがスターベブを買収する 〔K2〕 などグローバル展開を加速させると同時に本記事にある国内市場をも睨む強化策としての買収となります。

使用写真
  1. なだ万( photo credit: Yusuke Kawasaki via Flickr cc
かたむき通信参照記事(K)
  1. 米国発モンスターエナジーが日本上陸~アサヒ飲料が独占販売(2012年3月16日)
  2. アサヒビールがグローバル展開を加速、スターベブ買収
スポンサー
スポンサー