任天堂のニンテンドー3DSアクアブルーが生産終了予告、レアアイテム化で値が上がる?

任天堂社の人気携帯ゲーム機である Nintendo 3DS は2011年2月26日の発売より順次カラーバリエーションを追加し、 2012年5月現在6色構成となっています。

  • コバルトブルー(COBALT BLUE:2012年3月22日)
  • アイスホワイト(ICE WHITE:2011年11月3日)
  • ミスティピンク(MISTY PINK:2011年10月20日)
  • フレアレッド(FLARE RED:2011年7月14日)
  • コスモブラック(COSMO BLACK:2011年2月26日)
  • アクアブルー(AQUA BLUE:2011年2月26日)

上が 公式サイトのカラーバリエーション を見たものですが、このページのちょっとした異変が 現在ネット上で話題となっています。

話題の中心となっているのが、この左の画像です。 上のリストの6番目の アクアブルー(AQUA BLUE) の下にだけ 近日生産終了予定 と注意書きが付記されているのです。

オレ的ゲーム速報@刃に 【速報】 3DS 『アクアブルー』 生産終了wwwwwwwwwww としてまとめられた内容や、他サイト、またはTwitterなどの反応を見れば ファンに取っては青天の霹靂、ショッキングな決定であるばかりでなく アクアブルーはなかなかの人気色であることが分かります。

アクアブルーは2011年2月26日の発売日から揃えられている最も古いバリエーションですが、 時を同じくするコスモブラックはこの生産終了予告がなされていません。 これから考えるにアクアブルーはコスモブラックに比べて売れていなかったのか? という訳で、順当に思惟すれば行き着く結論です。 何故アクアプルーばかりが生産終了!?という塩梅ですね。

しかし うごキャラ日記 ブログさんでは2011年10月7日に ニンテンドー3DS新色ぞくぞく! なる記事で人気色のアンケートを取っていて アクアブルーが42%もの得票を獲得し圧倒的首位を獲得したりもしていますね。 どうやら任天堂ファンに取っては 積極的に生産終了を突き付けられる謂れも無い決定であることは確かなようです。

然もあらば人は人気色だけれど買うとなると 割りと平凡なカラーを選択するものなのかも知れません。 他の人が持っているのを見れば誉めそやし食指は動くものの 自らが買うことのないモデル、 そんな機種が若しかしたらレアアイテム化し惜しまれ、懐かしまれ、 孰れはオークションなどで値の上がるものなのかも知れないと思ったりもするのです。

スポンサー
スポンサー