ツタンカーメン王の墓発見者ハワードカーター氏誕生日~5月9日Googleロゴ

2012年の本日は5月9日は ハワードカーター(Howard Carter) 氏の誕生日ということでGoogleのロゴが 氏がツタンカーメン王の墓を発見した人物であることに因み その発見のシーンとなっています。

ハワードカーター氏はイギリス・ケンジントンに1874年5月9日に生を受けたエジプト考古学者です。 ツタンカーメン王の墓を発見した人物として有名ですね。 今日のGoogle社のロゴはその出来事を表しています。 ロゴ自体は影か宝物のようになって後ろに引っ込んでしまっていますが、 例に依って何某かの仕掛けがあってそれを解き明かす方も出るかも知れず。

氏はカーナヴォン卿をパトロンに得て王家の谷発掘を1916年から開始し、 契約が切れの寸前、1922年に 世紀の発見 、ツタンカーメン王の墓発見を成し遂げました。

関係者が ツタンカーメンの呪い の噂される中で次々と不可解な死を遂げるも 氏は1939年3月2日に亡くなるまで健やかに人生を送ったのでした、享年64歳。

ツタンカーメンの呪いとは恐ろしくはあれど、 その金の面には怪しいながらも人々を惹き付ける力がある様です。 関西ウォーカーの2012年4月13日の記事 オープン1か月で入場者20万人を突破! 「ツタンカーメン展 黄金の秘宝と少年王の真実」(~6/3(日)) のタイトルに見られる様に折りしも今現在開催中の ツタンカーメン展では何とオープンから僅か一ヶ月で入場者数20万人を突破したとのこと。

記事に依れば今回の展示ではエジプト考古学博物館所蔵品の中から

  • 黄金のカノポス
    ツタンカーメン王の内臓が保管されていた器
  • ツタンカーメンの半身像
    ツタンカーメンの肖像の中で最も美しいものの一つと言われる肖像
  • ツタンカーメンのミイラが身にまとっていた黄金の襟飾り、短剣
  • ツタンカーメンの子供を埋葬したと考えられている子供用カルトナ-ジュ・マスク、化粧容器
など、ツタンカーメン王墓の副埋葬品約50点を含む、全122点が展示されているとのことです。

このエジプト考古学博物館 所蔵 ツタンカーメン展 黄金の秘宝と少年王の真実 展覧会は6月3日まで開催されるとのことですので未だ余裕はありますが、 会場は大阪天保山特設ギャラリーとなっていますから、お近くの方は ツタンカーメン王を明るい場へと導いたハワードカーター氏の誕生日である今日のこの日、 5月9日を偲んで出かけて見るのも王と氏への好い供養になるかも知れません。

スポンサー
スポンサー