サザエさんの波平お父さん銅像の1本毛植毛はもったいないと思う訳

桜新町駅は東京は世田谷区の東急田園都市線の駅で 瀟洒な町並みも優れたその駅前に国民的アニメ サザエさん一家の銅像が立っています。

この銅像はサザエさん作者の長谷川町子さんの住居があったことに因み 今年2012年3月に作品誕生65周年を祝い立てられていたものですが、 サザエさんのお父さん 波平 さんのトレードマークでもある頭頂部の1本毛が 5月7日に1回、20日に1回、と一月に2回も 何者かによって抜き取られる事態が発生したことはかたむき通信2012年5月22日の記事 世田谷区サザエさん銅像の波平さんのたった1本の髪の毛が2度も抜かれる に伝えた処です。

孰れそのままにはしておけませんから、 1本毛の植毛式が昨日2012年6月1日に行われました。 多くの方が集まりなかなか盛大であったそうで集う方々は有名人を中心に口々に もう抜かないで とメディアに訴えたと伝えられます。

更には高硬度ワイヤ製の1本毛を以前のものより強力な接着剤で深く捻じ込んだ、 とのことですが、さぞや波平さんは今頃赤くなった頭をさすっているのではないでしょうか。

ところでです、 この基本的に抜かれないための方向を目指すのは勿体無いのではないか、 というのが本記事の趣意であります。

なんとなればそこに毛が1本あれば抜いてみたくなるのが人情ではないかと思われるからです。 いえいえ、決して抜くことを肯定するものでは有りません。 皆さんが大事にしているものを愉快犯的に奪い去るのが良かろう筈がありません。

しかしその是非を抜きにして目の前に毛が1本生えている、 この状態は謂わば怪我の痕の瘡蓋みたいなもの、 剥がしてはいけないと分かっていつつも剥がしたい衝動を抑えられない、 という人間の深い部分の心の動きを見てみたいのであります。 人は海の向こうに島を見れば渡るものです。

これを理性で互いに抑え合って初めて人間社会は円滑に営ませしめられるのですから 皆さんに抜かないでと訴えるのは実に高尚な社会的前提に基づいているものであります。 しかし敢えてこれを真反対の抜かれるを前提としてみたら如何相成りましょう?

人々は気軽に波平さんの貴重な1本毛を抜いて良くなりました。 勿論一旦抜いたら毛というものは直ぐに生えるものではありません。 前の人が抜いた後には暫く波平さんにはつるつるで我慢して貰わなければいけません。 しかし孰れまた貴重な1本毛はニョキニョキと生えて来ます。 そして運の良い方がまたプチッと持ち帰ることが出来ることになります。

そうなればなかなか貴重な1本毛となりますから 手に入れた方は大した果報者となります。 そして孰れ波平さんの銅像は1本毛を求める人が参集するパワースポットとなる次第。

毛がニョキっと生えるカラクリは羽田辺りの小さくても腕の良い工場の大将にお願いします。 代金は波平さんの脇に備えた賽銭箱で賄う寸法です。

本記事が下衆な思考実験となっていましたら申し訳ないことです。 桜新町に出掛けるに運が良ければお土産に波平さんの貴重な1本毛を持ち帰れるとなったら 知己には鼻高高ですし、さぞかし楽しかろうと不図した妄想の顛末でした。

スポンサー
スポンサー

この記事をシェアする