NTTドコモが通販事業本格進出で目指すアマゾンコムとの企業体質の比較

NTTドコモが米国のネット小売最大手アマゾンコムを目指すとやら、 インフラ企業がそんな処へ投資する余裕があるのなら、 もっと携帯電話利用ユーザーに還元して欲しいと思うのですが、 末端のユーザーの一人なぞ構っちゃいられないのは当たり前でしょう。 先ずはお好きにどうぞ、と見遣るしかありません。

このNTTドコモの社長のインタビュー発言を交えたニュースを伝えてくれるのは Sankei Bizの本日2012年7月13日の記事 ドコモ社長「米アマゾンになる」 来年度からモバイル通販で野菜、健康機器など販売 (※2018年2月2日現在記事は削除されています。) です。

記事に依れば社長発言としてNTTドコモは現在の コンテンツ販売サイト、dマーケットでの音楽、映像、アプリなどのデジタルコンテンツに加え、 来年度から野菜や健康機器などをネット販売する方針とかで、 その目標はジェフ・ベゾス氏率いるアマゾンコムであるとのことです。

その品揃えこそアマゾンのアマゾンたる処ですが それはドコモとしても承知しているようです。 しかしいきなりアマゾン並みの品揃えは無理として グループ企業の らでぃっしゅぼーや 有機野菜や、提携企業の オムロンヘルスケア の健康関連機器などの商品が先ずはdマーケットに加わるという 些か頼りない品揃えとなっています。

ドコモの品揃えに関してはかたむき通信2012年6月11日の記事 NTTドコモがタワーレコードを子会社化しEコマース事業進出を目論む にその中期ビジョンに沿って タワーレコード 買収を実現して不足を補う一助足らんとの思惑が見て取れました。

その是非は兎も角、ドコモの追おうと企む アマゾンコムとの会計的なものではなく その企業体質的なものの比較をすれば以下のようになるでしょうか?

  • アマゾンは小売店、ソフトウェア企業としの出自、 ドコモは通信事業、インフラ企業としての出自を持つ
  • アマゾンに比較すべくも無いドコモの高コスト体質
  • アマゾンは顧客本位、ドコモは株主本位の社風
  • アマゾンのEコマースはどの端末からも利用可能だが、 ドコモはドコモ端末のdメニューからの限定利用
  • アマゾンはトップがオーナー社長、ドコモはサラリーマン社長
  • アマゾンの社長はサポートセンターの席に座るがドコモの社長は座らない

不足も批判も有るのは承知で幾つか思いつくままに挙げて見ましたが中にも最後の、 社長がサポートセンターの席に座り苦情の電話を受けるか否かについては 英フィナンシャル・タイムズ紙の2012年7月10日付けの記事の転載として 翌11日付けでJBPressの記事 トヨタに学んだ米アマゾンの経営ベゾス流の非情なプラグマティズム として配信される中にその 4ページ目 に最後の項目として 自らカスタマーサービス担当を務めるベゾス氏 が立てられています。 以下引用しましょう

ベゾス氏は毎年、自らカスタマーサービスの職務に就き、「耐え難い」電話が来るのを恐れる。 欠陥削減によって対応が簡単な電話がなくなったために、あとに残った難しい顧客対応だ。

 「経験豊富なカスタマーサービス担当者に横についていてもらい、助けてもらっている。 さもないと、私は恐らく本当にひどいサービスを提供してしまうから」。 ベゾス氏はこう話していた。「これは、そんなに簡単なことじゃない」

日本に於いて超優良企業としてモバイルキャリアの常にトップに在り続けたドコモが、 つい此間迄赤字の連続でやっと黒字化したアマゾンコムを追い掛ける、 とのその意志や良しとしなければいけないのかもしれませんが、 果たして如何なる結果を招くでしょうか。

スポンサー
スポンサー