ランボルギーニの人気健在~アヴェンタドール1000台到達、広島ではカウンタック展も開催

その昔スーパーカーブームの中心にはイタリア車がありました。 特にフェラーリはF1でも活躍、 今だ少年の心(を持った大人も)を魅了しますし、 これと並ぶ2台伊車ブランドながらレースに不出場を社是とする ランボルギーニ(Lamborghini) の人気も些かも衰えを見せません。

かたむき通信にはランボルギーニについて2012年3月11日に ランボルギーニアベンタドールJがジュネーブモーターショー2012で発表される を配信、 アベンタドールJ を特別な1台として紹介しました。

この記事の中に新型車アベンタドールJのペースとされた Lamborghini Aventador LP700-4(ランボルギーニアベンタドールLP700-4) が去年2011年ジュネーブショーで登場後、 2011年の生産予定数である700台が発表直後に即完売となったとお知らせしたのでした。 3,000万円超と言う値段を考えればその凄まじさが分かるでしょう。

このアヴェンタドールLP700-4が累計生産台数を 早くも1,000の大台に乗せたニュースが入って来ました。 RESPONSEの2012年7月20日の記事 ランボルギーニ アヴェンタドール、1000台目がラインオフ…生産開始から1年3か月 がそれで19日に公式に発表されたそうです。 どうやら発売当初、一時的に節税対策のみに売れたのではなさそうで、 確りした人気を背景にしていたもののようですね。

このアヴェンタドールは現在のランボルギーニ社のフラグシップですが、 過去に、それこそ1970年代のスーパーカーブームにそのフラグシップとして ランボルギーニ社処かスーパーカーの頂点に立っていたのが カウンタックCountach) でした。

このカウンタックはその威容とも異様とも取れるフォルムからでしょうか、 40年経っても未だに古さを感じさせないデザインで、未だに人気が衰えません。

広島ニュース食ベタインジャーに2012年6月25日に伝えられるのは ランボルギーニ カウンタック展!広島市交通科学館で夏休みイベント で、実車に特別仕様車と10台ものカウンタックが集合すると言うのですから奢っています。 そして昨日7月22日には続報が カウンタック展、広島市交通科学館でスタート! に伝えられ21日の初日の盛況振りを伝えています。

この催しは9月2日までと、夏休みを跨ぐ期間が予定されていますから 家族で出掛けてお父さんが昔懐かしいスーパーカーに思いを馳せながら 初めて実物を目にするお子さんに説明してあげるのも楽しいでしょうね。

場所は 広島市交通科学館 、9時から17時までの開場で料金は大人500円、小人250円となっています。 詳しくは広島市交通科学館ホームページ でご確認の上お出掛け下さい。

スポンサー
スポンサー