AKB48組閣祭り2012後のチーム別グループ別勢力図

国民的アイドルグループの絶対的エースとして常にセンターを務めてきた 前田敦子さんの愈々その卒業となるステージ AKB48 in TOKYO DOME~1830mの夢~ も昨日2012年8月26日に無事終えました。 彼女のこれからのソロでの活躍が楽しみですね。

そしてますます勢いを増すAKBグループの恒例サプライズは 3日間に及ぶこのコンサートのその初日に発表されました。 組閣祭り2012 です。

この組閣で各グループ、チームは 今年2012年6月6日の第4回総選挙の時とは大きく様変わりしました。 AKB48公式サイトのWhat's Newの 組閣後新体制 と総選挙の際のポイントを照合すれば以下の表の様になります。

順位氏名ポイントチームグループ
1位大島優子108837.0KAKB
2位渡辺麻友72574.0AAKB
3位柏木由紀71076.0BAKB
4位指原莉乃67339.0HHKT
5位篠田麻里子67017.0AAKB
6位高橋みなみ65480.0AAKB
7位小嶋陽菜54483.0BAKB
8位板野友美50483.0KAKB
9位松井珠理奈22873.5KAKB
22873.5SSKE
10位松井玲奈42030.0SSKE
11位宮澤佐江40261.0?SNH
12位河西智美27005.0AAKB
13位北原里英13265.5BAKB
13265.5?SKE
14位峯岸みなみ26038.0BAKB
15位横山由依12770.5AAKB
12770.5?NMB
16位梅田彩佳24522.0BAKB
17位高城亜樹23083.0?JKT
18位山本彩23020.0NNMB
19位渡辺美優紀9579.5BAKB
9579.5NNMB
20位秋元才加19121.0KAKB
21位佐藤亜美菜17009.0KAKB
22位倉持明日香14852.0KAKB
23位島崎遥香14633.0BAKB
24位高柳明音14111.0KⅡSKE
25位秦佐和子13920.0KⅡSKE
26位増田有華13166.0KAKB
27位大矢真那12142.0SSKE
28位矢神久美11712.0SSKE
29位須田亜香里11323.0SSKE
30位古川愛李11179.0KⅡSKE
31位木﨑ゆりあ10554.0SSKE
32位小木曽汐莉9596.0KⅡSKE
33位岩佐美咲9297.0BAKB
34位松村香織9030.0SKE
35位向田茉夏8552.0KⅡSKE
36位仲谷明香8505.0KAKB
37位中田ちさと8315.0KAKB
38位宮崎美穂8173.0KAKB
39位永尾まりや7809.0KAKB
40位藤江れいな7782.0BAKB
41位小林香菜7195.0KAKB
42位前田亜美7168.0KAKB
43位福本愛菜6912.0NNMB
44位仲川遥香6890.0?JKT
45位田野優花6694.0AAKB
46位山田菜々6683.0NNMB
47位宮脇咲良6635.0HHKT
48位片山陽加6602.0BAKB
49位武藤十夢6428.0KAKB
50位石田晴香6333.0BAKB
51位菊地あやか6185.0AAKB
52位多田愛佳6140.0?HKT
53位松井咲子6058.0AAKB
54位山内鈴蘭6027.0BAKB
55位仁藤萌乃6025.0AAKB
56位木本花音5982.0ESKE
57位大場美奈5969.0BAKB
58位市川美織5963.0BAKB
59位大家志津香5933.0BAKB
60位小笠原茉由5919.0NNMB
61位佐藤すみれ5706.0AAKB
62位矢方美紀5606.0KⅡSKE
63位中西優香5592.0SSKE
64位小森美果5398.0BAKB

かたむき通信には総選挙の際、翌日2012年6月7日の記事 第4回AKB48総選挙結果からグループ毎チーム毎の勢力図を拵えてみた で総選挙のポイントがチーム及びグループにどのように配分されるのか見てみました。 今回それが大きく様変わりしたにあたって同様の試みをしてみましょう。 なお、総選挙ではチーム兼任の際は旧所属チームに選挙ポイントを配分しましたが、 今回は上の表のように新旧チーム、グループに半分づつ配分しました。 グループの決定もチームの決定が見ないメンバーは としてありますが、この数字を見ることで組閣の変動の大きさも測れるでしょう。

先ずはチームを見てみましょう。 以下の図が上の表からポイントをチーム別に集計した円グラフになります。

総選挙のデータと見比べて最初に気付くのはチームAとチームKが逆転したことです。 総選挙の際には前田さんのポイントはありませんからその卒業は無関係です。 結成以来メインのチームであったAがグループ内の1チームと他と並列、拮抗されたのは スタッフが目論んだ組閣の肝なのかも知れません。

そして矢張り?項目が多いのは組閣に於ける変動が激しいものであることを物語ります。 なにしろAKBの3チームとSKEのエースチームSに続くポイントを稼ぎ出しているのですから。 メンバーとファンの動揺は如何なるものでしょう? それともこれぐらいのサプライズにはもう慣れっこでしょうか。

そしてもう一つ目立つのはチームHの躍進です。 総選挙の際にはブービーだったチームがチームKⅡ及びNMB48のエースチームNの上を行っています。 これは人気メンバー、指原莉乃さんの移籍が大きいのは明白です。 ここに52位の多田愛佳さんのポイントはチームHには入っていません。

次にグループ別の集計を見てみましょう。 ここではチームの不明はメンバーは存在しません。 純粋に各グループの勢力図が見られますから、 運営側スタッフの組閣に於ける腹積もりも透けて見えるものとなっているでしょうか。

全体的に見て感じられるのはAKBグループに集中していたポイントが 各グループに分散されたのが見て取られることです。 AKBグループが77%占めた数値は68%と約1割も減じられています。

総選挙にグループとして2位、3位だったSKEグループとNMBグループは そのポイント配分を殆んど変えていませんから、 AKBから上位3位以外のグループにポイント分配なされたのが分かります。 従って前回はランキング入りしなかったSNH及びJKTグループが下位に登場していますし、 此処でも指原莉乃さんの移籍したHKTグループの躍進は著しく 遂に結成が先立つNMBグループを超える数値を叩き出しています。

AKBに取っては1割に過ぎないポイントも下位グループに分配されたとき それはグループに大きな変動を齎すものであるのが良く分かるデータとなっています。 運営スタッフ側がグループ全体に於いて均質化を図っているのが見て取れるデータは 即ち人気メンバーの地方への移動分配により、その兎角薄まったと謂われ勝ちなコンセプト 会いに行けるアイドル を更に一層押し進めるものなのかも知れません。 この線では考えたときにはチーム4も解散して然るべき流れと言えるでしょう。

AKB48写真集ランキングサイトアケラン!
アマゾンの売れ行きデータをAKB48メンバー写真集に限定の上、収集して ランキングを遡って一覧を見られるサイトです。 AKB48総選挙ムックも上位にランキングしています。

追記 (2013年6月11日)
AKB48グループの32枚目のシングルレコードの為に催されたイベント、第5回選抜総選挙の結果が出たのを受け、 第5回選抜総選挙後のAKB48勢力図から見て取れるグループの現状と今後 を配信しました。

スポンサー
スポンサー