絶滅危惧種とは~ニホンウナギがレッドリスト化の可能性

土用の丑の日と言えば平賀源内の昔から 人々は夏負けしないように鰻を食すのが習慣でした。 今年も勿論思い思いに舌鼓を打ったのでしたがなかなかに懐も痛むものだった[※1] ようです。 流通は客離れを防ぐのに務めた[※2] のですが、 それでも天然にあらぬ養殖とて鰻はその稚魚は天然以外の選択肢はありませんので、 これの不漁は高値に如何ともし難く直結するのでした。

Eel
Eel via Flickr

従って今年は鰻無しで過ごした方も 鰻の蒲焼を堪能した方もその希少なものとなったのは皮膚感覚に薄々にも感じたことでしょう。 それを裏付けるようにニホンウナギが 絶滅危惧種 に指定されレッドリスト化する可能性が高いと言う情報[※3] が入って来ました。 ニュースソースの47NEWSでは環境省関係者が本日2012年9月13日に明らかにしたものと伝えます。

環境省のレッドリストについてはかたむき通信にも本年2012年に幾度か取り上げたのは、先ず 阿寒湖のマリモ についてそれが特別天然記念物であると共に 絶滅危惧I類 である[K1] としました。 その以前には トキ が放鳥され番から産まれた子が巣立ったのを受け、 野生絶滅 から1段階危険度の下がった 絶滅危惧IA類 に見直された[K2] のを伝えました。 トキとは逆に ニホンカワウソ絶滅危惧IA類 から遂に 絶滅 の認定[K1] へと至ってしまいました。 数日前に食材として伝えた ワラスボ[K4] は正しく 絶滅危惧Ⅱ類 でした。 ニホンウナギはワラスボと同じく その取扱いに注意すべき存在となってしまう訳です。

此処に幾つかの種類の絶滅に関するカテゴリーが登場しましたが トキの記事の際と同じく環境省のサイト[※4] から引いて下に整理してみましょう。

  • 絶滅:EX(Extinct)
    我が国ではすでに絶滅したと考えられる種
  • 野生絶滅:EW(Extinct in the Wild)
    飼育・栽培下でのみ存続している種
  • 絶滅危惧I類:CR+EN
    絶滅の危機に瀕している種
    • 絶滅危惧IA類:CR(Critically Endangered)
      ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの
    • 絶滅危惧IB類:EN(Endangered)
      IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
  • 絶滅危惧II類:VU(Vulnerabl)
    絶滅の危険が増大している種
  • 準絶滅危惧:NT(Near Threatened)
    現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種
  • 情報不足:DD(Data Deficient)
    評価するだけの情報が不足している種
  • 絶滅のおそれのある地域個体群:LP(Threatened Local Population)
    地域的に孤立している個体群で、絶滅のおそれが高いもの

レッドリストとはICNU(国際自然保護連合)の策定した絶滅の危機に瀕している 世界の野生生物のリストであり、この評価基準に基いて日本でも独自に 環境省がレッドリストを上に列挙した概要にてカテゴリー(ランク)が構成されているのでした。 上に位置するほど危険度の高い種であることになります。

此処に当て嵌めればニホンウナギは絶滅が危惧される中にも 危険度は低いものではあります。 しかしこれは種の絶滅に向けたほんのとば口かも知れないのです。 併せて野生の鰻のことは人間には未だ何も分かっていないと言っても過言ではないとなれば、 一層危険度は高まると思って間違いないでしょう。

47NEWSにもある如くレッドリストには法的な規制力はありません。 従って種の危険が叫ばれようと漁獲も取引も可能なのです。 だからと言って倫理的に無制限に許容される訳もないでしょう。 またワラスボについても同様でしたが、 古来からの日本の食文化が失われるよう留意することは 即ち環境保全にも繋がるのが明らかとなれば吾人の努めるべき道も明らかかと考えます。

追記(2012年11月25日)

ウナギの生態について斯界の権威のインタビュー記事 なぜ生き物は旅をするか? 世界一のウナギ博士・塚本勝巳と生命のロマンに迫る がWIRED.jpに配信されました。 その生態が明らかにされることで土用の丑の日にも明るい未来が開けるかも知れません。

追記(2013年2月3日)

環境省が絶滅のおそれのある野生生物の種のリストであるレッドリストの第4次版に於いて汽水及び淡水魚類の取りまとめを公表したのを受け ニホンウナギとクニマスの方向逆転と気になるドジョウ~環境省第4次レッドリスト汽水・淡水魚類取りまとめ公表 を配信しました。

使用写真
  1. Eel( photo credit: Peter Harrison via Flickr cc
かたむき通信参照記事(K)
  1. 特別天然記念物指定60周年マリモ保護に阿寒湖の世界遺産目指す(2012年6月5日)
  2. 野生のトキ芽出度く8羽皆巣立ち環境省がレッドリスト見直しへ(2012年6月26日)
  3. ニホンカワウソ絶滅種へ~環境省第4次レッドリスト公表(2012年8月28日)
  4. ワラスボ~美味しいエイリアン(2012年9月11日)
参考URL(※)
  1. きょう土用の丑の日 うなぎ、あまりの高値にスーパーは悲鳴(MSN産経ニュース:2012年7月27日 ※MSN産経ニュースは2014年10月1日に終了、2019年3月10日現在記事削除確認)
  2. 流通各社がウナギ値下げ 土用の丑の日を前に客離れ阻止へ(MSN産経ニュース:2012年7月24日 ※MSN産経ニュースは2014年10月1日に終了、2019年3月10日現在記事削除確認)
  3. ウナギは乱獲で「絶滅危惧種」 環境省が指定へ、保護急務に(47NEWS:2012年9月13日 ※2019年3月10日現在記事削除確認)
  4. 第4次レッドリストの公表について(お知らせ)(環境省:2012年8月28日)
スポンサー
スポンサー

この記事をシェアする