13回目のテレビ再放映~ルパン三世カリオストロの城

Zenigata (from Lupin the 3rd)

広い世代に長い間に渡り親しまれているアニメシリーズ ルパン三世が40周年を記念して再度テレビアニメ化されることはかたむき通信でも 2012年3月11日に ルパン三世アニメ化40周年記念、27年振り新作TVシリーズのタイトルはLUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 でお伝えしたところですが、 この露払いとして日本テレビでは、 ルパン三世VS名探偵コナン (2009年テレビ用アニメ映画)及び ルパン三世 カリオストロの城 (1979年劇場用アニメ映画) の過去に評判を呼んだ2アニメ映画を 同局金曜ロードショーで2012年3月23日に前者、 3月30日に後者を2週連続で放送するとしました。

特に後者の劇場用アニメ ルパン三世 カリオストロの城 に於いては今でこそ 宮崎駿監督 と監督付きで呼ばれるのはごく当たり前の風景ですが この作品が宮崎駿氏の初監督作品であったのでした。

まだまだ宮崎駿監督の真価が世に認められぬ頃にしても 作品の秀逸さは勿論群を抜いています。 更には最新作に近付くほどメッセージ色の濃くなるのは 氏のコントロールが効けば効くほど如実になる訳ですが、 カリオストロの頃にはエンターテインメントに徹した感があります。 どちらが良いとか悪いとかではなく夫々の好む処となるでしょうし、アニメ本来の特質、 動く という部分は両者些かも遜色ありません。 本記事で再評価する迄もなく何度も、今回で13度目のテレビ再放映であり、 其の度に集客効果を求められるのは充分世間に高評価を与えられているからでしょう。 そして尚、良質なエンターテインメントとしての劇場映画は 理屈抜きで見る者を楽しませてくれます。

観賞の上での作品談義も楽しいものです。 このカリオストロでは何が盗まれたかがしばしば論議の的になりますが、 勿論銭形警部により喝破されお姫様が認めた如く其の心はおいておくとして、 ドラマツルギーとしての ルパンは泥棒である という命題を真としたとき ルパンは何かを盗まねばなりません。 これが普通の宝石や現金では面白くありません。 従って物語り冒頭では普通に現金をFIAT500に詰め込むシーンが描かれますが、 本題では取り分け普通ではないものを盗ませたい事情があります。 其処で宮崎監督が辿り着いたのが ローマの遺跡 でした。 これが出来たとき物語の骨子は固まったのではないかと拝察します。 しかし遂にルパンはお宝は手に入れることがなりませんでした。 彼曰く、彼の ポケットには少し大き過ぎた のでした。

さて物語の骨子の上に肉付けされるエンターテインメント部分でも 特に取り上げたいのが前半部のカーチェイス場面でしょう。 トッポジージョと呼ばれる往年の人気番組の主人公の名を二つ名に持つ ルパンと相棒次元の愛車FIAT500はサイドブレーキと見紛うレバーを引いた途端 ターボチャージャーが爆発して大劇走を始めます。 悪漢に追われるお姫様を助け出すための大パフォーマンスの開始です。 アニメは動くもの、という監督の主張の面目躍如たるシーンの連続です。

遂にはお姫様救出に成功したルパンが 崖からの落下の際に取り出だしましたるピアノ線の、 これを手繰って上に上るのではなく、 下へ下へとバックルを操作して下るシーンもまた 実にリアリティを感じさせてくれ物語への没入を容易にしてくれます。 こんな演出が随所に効いていて神は細部にこそ宿る、 と言う訳で本アニメを名作たらしめているのではないでしょうか。

まだまだ ルパン三世 カリオストロの城 に関しては語りたいことが有りますが、 それは今回テレビ放映を見られる方に委ねましょう。 語りたいことは2012年3月30日の金曜ロードショーでは 良質のエンターテインメント作品として また新たに多くのファンの心を掴むでしょう。

追記(2019年2月10日)

本記事に紹介した如く再放映が13回目となれば其れだけで既に其の不動の人気が伺われる訳ですが、 其れより7年程を経て見れば以降も再放映は繰り返され、 其の視聴率もビデオリサーチ調べで 2015年の14回目には14.5%、 2016年の15回目には12.4%、 そして去年2018年の16回目には11.0%と、 驚きの視聴率を叩き出していますから、 唯に放映さえすれば二桁視聴率を稼ぎ出す此のドル箱は、 2年弱で一度のペースであれば今年末、来年初頭にはまた再放映が企画されるのではないでしょうか。

此の如き最早名作として普遍性をも獲得し得た感のある本作の通用するのは本邦だけに止まらぬのは、 本ブログ2012年3月11日の記事 ルパン三世アニメ化40周年記念、27年振り新作TVシリーズのタイトルはLUPIN the Third~峰不二子という女~ の2015年4月21日追記にも記した通り、ルパン三世のスピンオフ作品として制作された 次元大介の墓標 が同年5月からイタリアで先行放送された状況からも想像に難くありません。 そして今回、アニメ映画 ルパン三世カリオストロの城 がルパン三世のお爺さんたる Arsène Lupin(アルセーヌ・ルパン)の本国たるフランスでも満を持して上映が掛けられたと伝えるのは、 Twitterの フランス政府留学局-日本支局 (@CampusFrance_jp) アカウントの2019年2月7日のTweetでした。 以下にスクリーンショットとリンクを貼り置きます。

日本で放映されてから40年、フランスでついに『ルパン三世 カリオストロの城』の上映が実現しました。フランス留学中の方はぜひフランス語で様々な名シーンを見てみてください。:フランス政府留学局-日本支局 (@CampusFrance_jp)

Tweetの内容としてはフランスに居する日本人留学生に向けて、 勝手知ったる日本アニメの代表作でフランス語学習の一助にしようと言うものですが、 世界の巨匠宮崎駿を擁して堂々たる本国凱旋を果たしたかのような誇りも垣間見える文言です。 以下にフランス語に吹き替えられた『ルパン三世カリオストロの城』のYouTubeに共有された動画を埋め込み置きます。

Tweetにはフランスメディアの Le Point が2019年1月24日に配信した紹介記事 Pourquoi il faut voir Le Château de Cagliostro de Miyazaki へのリンクも貼られており、欧州中にも最も所縁の深いルパンのルーツたるフランスでの公式上映に、 隠然たる人気を誇りながら如何に製作公開から40年もの長年月の掛かったのかが、 記事冒頭にディズニーの 白雪姫トイストーリー なども例証に挙げながら、 Lupin(ルパン)の呼称にあるなどの事情が述べられているようです。 此の事情からフランスでのビデオ市場に於いては系譜を隠さんとするルパンが François Vidocq(フランソワ・ヴィドック) や Edgar of the burglar と渾名されるのも面白く、 前者は嘗ての悪党が後にパリ警察の探偵として活躍した実在の人物である様で、 後者は泥棒のエドガーとでも訳されるのでしょうか、 エドガーとはアメリカ出身ながら モルグ街の殺人 でフランス人 C. Auguste Dupin(C・オーギュスト・デュパン) を創造し、フランスで大人気の作家 Edgar Allan Poe(エドガー・アラン・ポー) を指すのではないかと思われれば、上手く命名したものだと思います。

使用写真
  1. Zenigata (from Lupin the 3rd)( photo credit: impala ark via Flickr cc
かたむき通信ルパン三世関連記事
  1. ルパン三世アニメ化40周年記念、27年振り新作TVシリーズのタイトルはLUPIN the Third 〜峰不二子という女〜(2012年3月11日)
  2. 13回目のテレビ再放映~ルパン三世カリオストロの城(2012年3月24日)
  3. ルパン三世愛車SSKと同シリーズ1928年製メルセデスベンツ・クラッシックSタイプは60年振りの日の下に約1億8千万円(2012年6月22日)
  4. ルパンはフィアット500Lで世界初の車載エスプレッソマシンの珈琲を飲んでいるか!?(2012年7月14日)
  5. 音楽とアニメと業界用語と(2015年1月24日)
スポンサー
スポンサー